マクラーレンが快適性を高めた570GTを発表【ジュネーブショー2016】

2016.02.25 自動車ニュース
「マクラーレン570GT」
「マクラーレン570GT」

【ジュネーブショー2016】マクラーレンが快適性を高めた「570GT」を発表

マクラーレン・オートモーティブは2016年2月24日、ジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~3月13日)で「マクラーレン570GT」を初公開すると発表した。

 
マクラーレンが快適性を高めた570GTを発表【ジュネーブショー2016】の画像
 
マクラーレンが快適性を高めた570GTを発表【ジュネーブショー2016】の画像
 
マクラーレンが快適性を高めた570GTを発表【ジュネーブショー2016】の画像
 
マクラーレンが快適性を高めた570GTを発表【ジュネーブショー2016】の画像
 
マクラーレンが快適性を高めた570GTを発表【ジュネーブショー2016】の画像

■「570Sクーペ」の走りに快適性をプラス

570GTは「570Sクーペ」をベースに快適性と実用性を高めた“スポーツシリーズ”の上級モデルである。

特徴はキャビンの後方に備えられた「ツーリング・デッキ」と呼ばれる220リッターのラゲッジスペースで、フロントのトランクルームと合わせて370リッターの積載スペースを確保。右ハンドル車では左側から、左ハンドル車では右側から開閉する大型のガラスハッチを持ち、リアセクションのデザインも「570Sクーペ」とは異なるものとなっている。

また、キャビンにはこのガラスハッチと一続きとなる意匠の固定式パノラミックガラスルーフを標準装備。広くなったガラスエリアに対応するため、空調には最新のデュアルゾーンエアコンを採用している。

快適性の向上も図っており、タイヤには車内に伝わるロードノイズを3デシベル削減するため、ノイズキャンセリングシステムを備えた「ピレリPゼロ」を採用。リアのツーリング・デッキとバルクヘッドの間にはノイズを吸収・抑制する軽量素材を用いており、車内の静粛性をさらに高めている。

■快適性を重視して施された専用チューニング

パワーユニットとトランスミッションは570Sクーペと共通で、最高出力570ps、最大トルク61.2kgmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンとデュアルクラッチ式7段ATを採用。ただしエキゾーストシステムは、クルマの性格に合わせて静粛性の高いものとしている。

また、サスペンションでは長距離のドライビングでの快適性を重視して、スプリングレートをフロントで15%、リアで10%弱めている。電動油圧式パワーステアリングシステムについてはギアレシオを2%遅め、高速走行時にドライバーの操作がスムーズに伝わるようセッティングしているという。

なお、動力性能については0-100km/h加速が3.4秒、0-200km/h加速が9.8秒、最高速が328km/hと公表されている。

価格は2752万7000円。デリバリー開始は2016年後半の予定となっている。

(webCG)

→「マクラーレン570GT」のより詳しい写真はこちら

関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る