パリのモードをイメージしたルーテシア限定発売

2016.02.25 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア アイコニック」
「ルノー・ルーテシア アイコニック」

ルノー、パリのモードをイメージした「ルーテシア」を限定発売

ルノー・ジャポンは2016年2月25日、パリのモードのイメージした限定車「ルーテシア アイコニック」を発売した。限定数は30台で、車両価格は244万円。

縫製をイメージした“クチュール”デカールがルーフだけでなくドアミラーカバーにも貼られる。
縫製をイメージした“クチュール”デカールがルーフだけでなくドアミラーカバーにも貼られる。
ヒーター付きの専用レザーシートが装着される。
ヒーター付きの専用レザーシートが装着される。

■クチュールの縫製を表現

ベースは上級グレードの「インテンス」。外装では、パリのモードを象徴するオートクチュールの縫製をイメージした“クチュール”デカールをルーフとドアミラーに配している。

一方、内装では、ルーテシア(現行モデル)初となるヒーター付き専用レザーシートを採用したほか、専用デザインのエアコンベゼルやドアトリムフィニッシャーを装着し、洗練された雰囲気を演出している。また、レザーシートに施された白のステッチが、ルーフとドアミラーのデザインと同様に、クチュールのエレガントさを表現している。

このほか、専用の「ICONIC」エンブレムや「RENAULT」ロゴ入りキッキングプレート、ボディー同色サイドプロテクションモールも装備される。ボディーカラーは「イヴォワール」(アイボリー)のみの設定。

(webCG)

→「ルノー・ルーテシア アイコニック」の詳しい画像はこちら。

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る