ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)/フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)

同じなのに全然違う 2016.03.01 試乗記 冬の信州で「ジープ・レネゲード トレイルホーク」と「フィアット500Xクロスプラス」に試乗。雪道での試乗を通して感じた、同じプラットフォームから生まれたとは思えない、両モデルの個性の違いをリポートする。

根っこは同じの米伊SUV乗り比べ

FCAジャパンの広報担当者は、説明会でプロジェクターに自分の名刺を4種類並べて映し出した。1枚目が「フィアット グループ オートモービルズ ジャパン」で、順に「クライスラー」「フィアット クライスラー ジャパン」「FCAジャパン」となっている。世界的な自動車業界再編が進行する中で「フィアット」と「クライスラー」の提携が行われ、最終的に両社が統合した。日本法人もそれにともなって組織形態が変わり、2015年1月に現在の形に落ち着いたのだ。

結果としてFCAジャパンは「アルファ・ロメオ」「クライスラー」「フィアット」「ジープ」「アバルト」の5ブランドを抱える大所帯となっている。東京から長野県白馬村までを往復する雪上試乗会には、多士済々のモデルが用意された。「アバルト595Cツーリズモ」や「クライスラー300S」にも心引かれたが、われわれの選択は常識的な線に落ち着いた。ジープ・レネゲード トレイルホークとフィアット500Xクロスプラスである。

ジープファミリーの末っ子とフィアット500シリーズのクロスオーバー版だから成り立ちは遠く離れているが、両車はプラットフォームを共用している。見た目は似ていなくても、根っこは同じなのだ。ブランドを超えた共同開発がどのような果実を得たのかを確かめようと考えた。2台を乗り比べる機会は貴重である。

まず試乗したのはジープ・レネゲード。トレイルホークというのは最上級グレードで、専用のパワートレインを与えられている。2.4リッターエンジンに9段ATを組み合わせ、オンデマンド方式の4WDを採用した。他グレードは1.4リッターエンジンのFFだから、メカニズムは相当に違う。

「フィアット500X」の最上級グレードに当たる「クロスプラス」。ラインナップ中唯一の4WDモデルである。
「フィアット500X」の最上級グレードに当たる「クロスプラス」。ラインナップ中唯一の4WDモデルである。
「500Xクロスプラス」のインストゥルメントパネルまわり。メーターの右側に備えられているのは、オプションのパイオニア製ナビゲーションシステム。
「500Xクロスプラス」のインストゥルメントパネルまわり。メーターの右側に備えられているのは、オプションのパイオニア製ナビゲーションシステム。
雪道を行く「ジープ・レネゲード」。「フィアット500X」とはプラットフォームを共有する兄弟車にあたる。
雪道を行く「ジープ・レネゲード」。「フィアット500X」とはプラットフォームを共有する兄弟車にあたる。
「トレイルホーク」は「レネゲード」のラインナップで唯一の4WDモデルであり、エンジンやトランスミッションもFF車とは異なっている。
「トレイルホーク」は「レネゲード」のラインナップで唯一の4WDモデルであり、エンジンやトランスミッションもFF車とは異なっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レネゲードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る