特別な内外装のシボレー・コルベットが登場

2016.02.26 自動車ニュース
「シボレー・コルベットZ06 RS-Y」
「シボレー・コルベットZ06 RS-Y」

特別な内外装の「シボレー・コルベット」が登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年2月26日、「シボレー・コルベット」の特別仕様車「Z06 RS-Y」「Z06 RS-R」「Z06 RS-G」「Z51 3LT RS-Y」「Z51 3LT RS-R」「Z51 3LT RS-G」を発表した。

「シボレー・コルベットZ06 RS-R」
「シボレー・コルベットZ06 RS-R」
「シボレー・コルベットZ06 RS-G」
「シボレー・コルベットZ06 RS-G」

■カーボンパーツやバケットシートでスポーティーなイメージを強調

今回の特別仕様車は、磁性流体ダンパーなどを備えた上級グレード「Z51 3LT」と、過給機付きエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「Z06」のクーペをベースに、スポーティーなイメージをより強調する内外装を採用した限定モデルである。

エクステリアでは、コルベットのレーシングモデルをほうふつとさせるエンジンフードのカーボンファイバーフードインサートをはじめ、カーボンフラッシュバッジ、ビジブルカーボン製ルーフパネル、ブラックホイールを採用。一方インテリアには、カタログモデルでは設定のないスウェーデッドマイクロファイバーインサート付きGTバケットシートを装備している。

販売台数は全モデル合計10台の限定となっており、2016年3月3日~13日の期間で、シボレーのオフィシャルウェブサイトにて購入予約が受け付けられる。

各モデルの特徴は以下の通り。

【Z06 RS-Y/Z51 3LT RS-Y】
ボディーカラーは「コルベットレーシング・イエロー」で、インテリアの各所にイエローカスタムレザーステッチを施している。販売台数と価格は以下の通り。

・Z06 RS-Y:1462万円(1台)
・Z51 3LT RS-Y:1212万円(3台)

【Z06 RS-R/Z51 3LT RS-R】
ボディーカラーは「トーチレッド」で、インテリアにはレッドを基調としたツートンカラーのシートを採用している。販売台数と価格は以下の通り。

・Z06 RS-R:1462万円(1台)
・Z51 3LT RS-R:1212万円(1台)

【Z06 RS-G/Z51 3LT RS-G】
ボディーカラーは「シャークグレーメタリック」。販売台数と価格は以下の通り。

・Z06 RS-G:1462万円(1台)
・Z51 3LT RS-G:1212万円(3台)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • 5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデル 2017.4.5 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に5台限定の特別仕様車「グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」が登場。量販モデルに初めて高性能モデルの「グランスポーツ」が設定されたときと同じく、ボディーカラーには「アドミラルブルー」が用いられている。
ホームへ戻る