「ダイハツPICO(ピコ)」
ダイハツ、2人乗り電気自動車「PICO」を出展

ダイハツ、2人乗り電気自動車「PICO」を出展

ダイハツ工業は、2011年11月30日のプレスデイで開幕する第42回東京モーターショーに、2人乗り電気自動車「PICO(ピコ)」を出展する。

「PICO」は軽自動車と原動機付き自転車との間に位置付けられる、新しいカテゴリーの2シーターのEVコミューター。高齢化社会、地方の交通手段、宅配ビジネスなど、時代の要請に対応する乗り物として開発され、日常のチョイ乗り用途に最適な究極のパーソナルユースを実現したという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=2400×1000×1530mmでホイールベースは1815mm。135/80R12サイズのタイヤを装着し、車重は400kg、航続距離は50kmと発表されている。

ドアの開口部を大きくしたり、フロアの高さを低くフラットにしたりして、乗り降りしやすいレイアウトとした。加えて、狭い場所での使いやすさを考慮して、縦(タンデム)2人乗りのパッケージングを採用した。また、先進のレーダーで運転をサポートしているという。

(webCG 竹下)

ダイハツ、2人乗り電気自動車「PICO」を出展

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。