アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)

強気のアウディ 2016.03.05 試乗記 満を持して登場した新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンとアウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレードに試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。

“別格”とされるだけの理由はある

日本で販売されるあまたの輸入車。その中にあっても、常に圧倒的かつ不動の人気を誇るのは、決まってドイツ発のブランドだ。
どうしてドイツ車ばかりが贔屓(ひいき)されるのか!? と、そんな趣旨の声を耳にすることも一度や二度ではない。フランスやイタリア発のモデルにも、楽しいものはたくさんある! と、いわゆる”イタフラ車”のファンからは、そんな発言が聞かれたりもする。

なるほど、それはまさにその通り。日ごろ“マイナー扱い”されがちなそうした国籍の持ち主にも、もっと注目が集まるべき、と感じることは多々ある。一方で、そうは言ってもいざ日本のモデルと乗り比べた時、その違いを最も分かりやすく感じる輸入車となると、やっぱりドイツ発のモデルたち……というのは、紛れもない事実であったりする。

特に高速道路へと乗り入れれば、早々にして「クルマはやっぱりドイツでしょ!」と、そう実感させられることが正直決して少なくない。中でもメルセデス・ベンツにBMW、そしてアウディというブランドの作品が、「ジャーマン3(スリー)」と呼ばれて別格扱いをされるのは、「やはり、それなりの理由に裏打ちされている」というのが、偽りのない自身の意見でもある。

何だかんだと言われても、“オーバー150km/hの世界も日常”のアウトバーンで鍛え上げられた高速性能は、それよりずっと低い速度を常用域とする日本でも、比類なき安定感と安心感を味わわせてくれるのが常。そんなジャーマン3のひとつであるアウディが昨年フルモデルチェンジを行った、最新のA4が日本に上陸した。

A4といえば、弟分であるA3と共に、このブランドのラインナップを根元で支える基幹中の基幹モデルだ。開発に大変な気合が込められているのは容易に想像できることで、まずはその外装の作り込みレベルに、A4のポテンシャルの高さを実感させられる。

2016年2月に日本に導入された新型「アウディA4」。前身の「アウディ80」の時代を含めると、現行型は9代目のモデルにあたる。
2016年2月に日本に導入された新型「アウディA4」。前身の「アウディ80」の時代を含めると、現行型は9代目のモデルにあたる。
新型「A4」には、アウディの新しいモジュラープラットフォーム「MLB evo」が採用されており、従来モデルからは設計が一新された。
新型「A4」には、アウディの新しいモジュラープラットフォーム「MLB evo」が採用されており、従来モデルからは設計が一新された。
インストゥルメントパネルまわりは従来モデルから一新。運転席側に向けて設置されていたセンタークラスターは廃止となり、新たに横基調のデザインを採用している。
インストゥルメントパネルまわりは従来モデルから一新。運転席側に向けて設置されていたセンタークラスターは廃止となり、新たに横基調のデザインを採用している。
現在のラインナップはFF車、4WD車合わせて全4種類。今回は4WD車の駆動システムとスポーティーな仕立ての内外装、および足まわりのセッティングが採用された「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗した。
現在のラインナップはFF車、4WD車合わせて全4種類。今回は4WD車の駆動システムとスポーティーな仕立ての内外装、および足まわりのセッティングが採用された「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
ホームへ戻る