ランボ、2億円超のチェンテナリオを披露【ジュネーブショー2016】

2016.03.01 自動車ニュース
「ランボルギーニ・チェンテナリオ」
「ランボルギーニ・チェンテナリオ」

ランボルギーニ、2億円超の限定車「チェンテナリオ」を披露【ジュネーブショー2016】

伊アウトモビリ・ランボルギーニは2016年3月1日、ジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~13日)でクーペ20台、ロードスター20台の限定生産モデル「チェンテナリオ」を披露した。

 
ランボ、2億円超のチェンテナリオを披露【ジュネーブショー2016】の画像
 
ランボ、2億円超のチェンテナリオを披露【ジュネーブショー2016】の画像

■全40台が売約済み

チェンテナリオとはイタリア語で「100周年」の意。同社の創業者、故フェルッチオ・ランボルギーニ氏の生誕100周年を記念して作られた。税抜きの車両価格は175万ユーロ(約2億1700万円。1ユーロ=124円で計算)で、全40台が売約済みという。

ランボルギーニ史上最もパワフルな770psを発生する自然吸気のV12エンジンに、シングルクラッチ式のISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)ギアボックスを組み合わせて搭載している。

カーボンファイバー製ボディーの乾燥重量は1520kgに抑えられており、加速性能は0-100km/hが2.8秒で、0-300km/hが23.5秒。最高速は350km/h以上と発表されている。

(webCG)

→「ランボルギーニ・チェンテナリオ」の詳細な写真はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。