コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】

2016.03.01 自動車ニュース
「トヨタC-HR」
「トヨタC-HR」

【ジュネーブショー2016】コンパクトクロスオーバーの「トヨタC-HR」登場

トヨタ自動車は2016年3月1日、ジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~3月13日)において、新型クロスオーバーモデル「トヨタC-HR」を世界初披露した。

 
コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】の画像
 
コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】の画像
 
コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】の画像
 
コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】の画像

C-HRはCセグメントサイズのクロスオーバーモデル。開発に際しては、トヨタの新しい製品開発コンセプト「Toyota New Global Architecture(TNGA)」を取り入れ、優れた環境性能や、高い操縦安定性と快適な乗り心地、ドライバーの意のままにクルマが応答する「我が意の走り」を追及したという。

デザインコンセプトは「センシュアル スピード - クロス」というもので、エクステリアにはダイヤモンドをモチーフにした、コンパクトなキャビンと“リフトアップ感”のある薄いボディーを一体化した多面体のようなデザインを採用。大きく張り出した前後のホイールフレアも特徴となっている。

またフロントまわりについては、立体的なトヨタのエンブレムと、ロワーグリルを強調したバンパーの意匠など、各所にトヨタ独自のデザイン表現を採用。ワイド感と踏ん張り感あるフロントマスクとしている。ボディーは全長×全幅×全高=4350×1795×1565mm(ガソリン車の値。ハイブリッド車の全高は1555mm)、ホイールベース=2640mmというコンパクトなサイズにまとめられている。

欧州仕様のパワーユニットは3種類。ガソリンエンジンが2リッター直4自然吸気と1.2リッター直4ターボで、これに加えて1.8リッターガソリンエンジンに72psの電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを設定。また運転支援システムとして、歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティーや全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールなどの機能からなる「Toyota Safety Sense P」を用意している。

発売は、日本では2016年内、欧州では2017年初旬を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C-HRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
ホームへ戻る