コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】

2016.03.01 自動車ニュース
「トヨタC-HR」
「トヨタC-HR」 拡大

【ジュネーブショー2016】コンパクトクロスオーバーの「トヨタC-HR」登場

トヨタ自動車は2016年3月1日、ジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~3月13日)において、新型クロスオーバーモデル「トヨタC-HR」を世界初披露した。

C-HRはCセグメントサイズのクロスオーバーモデル。開発に際しては、トヨタの新しい製品開発コンセプト「Toyota New Global Architecture(TNGA)」を取り入れ、優れた環境性能や、高い操縦安定性と快適な乗り心地、ドライバーの意のままにクルマが応答する「我が意の走り」を追及したという。

デザインコンセプトは「センシュアル スピード - クロス」というもので、エクステリアにはダイヤモンドをモチーフにした、コンパクトなキャビンと“リフトアップ感”のある薄いボディーを一体化した多面体のようなデザインを採用。大きく張り出した前後のホイールフレアも特徴となっている。

またフロントまわりについては、立体的なトヨタのエンブレムと、ロワーグリルを強調したバンパーの意匠など、各所にトヨタ独自のデザイン表現を採用。ワイド感と踏ん張り感あるフロントマスクとしている。ボディーは全長×全幅×全高=4350×1795×1565mm(ガソリン車の値。ハイブリッド車の全高は1555mm)、ホイールベース=2640mmというコンパクトなサイズにまとめられている。

欧州仕様のパワーユニットは3種類。ガソリンエンジンが2リッター直4自然吸気と1.2リッター直4ターボで、これに加えて1.8リッターガソリンエンジンに72psの電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを設定。また運転支援システムとして、歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティーや全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールなどの機能からなる「Toyota Safety Sense P」を用意している。

発売は、日本では2016年内、欧州では2017年初旬を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
C-HRトヨタジュネーブモーターショー2016イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタが「C-HR」の1.2リッターターボモデルにFF車を新設定 2018.5.8 自動車ニュース トヨタがコンパクトSUVの「C-HR」に一部改良を実施。これまで4WDしか設定のなかった1.2リッターターボ車にFFを設定したほか、「S」「S-T」を除く全車にLEDヘッドランプを標準装備。ボディーカラーに「ネビュラブルーメタリック」を新設定した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る