コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】

2016.03.01 自動車ニュース
「トヨタC-HR」
「トヨタC-HR」

【ジュネーブショー2016】コンパクトクロスオーバーの「トヨタC-HR」登場

トヨタ自動車は2016年3月1日、ジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~3月13日)において、新型クロスオーバーモデル「トヨタC-HR」を世界初披露した。

 
コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】の画像
 
コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】の画像
 
コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】の画像
 
コンパクトクロスオーバーのトヨタC-HR登場【ジュネーブショー2016】の画像

C-HRはCセグメントサイズのクロスオーバーモデル。開発に際しては、トヨタの新しい製品開発コンセプト「Toyota New Global Architecture(TNGA)」を取り入れ、優れた環境性能や、高い操縦安定性と快適な乗り心地、ドライバーの意のままにクルマが応答する「我が意の走り」を追及したという。

デザインコンセプトは「センシュアル スピード - クロス」というもので、エクステリアにはダイヤモンドをモチーフにした、コンパクトなキャビンと“リフトアップ感”のある薄いボディーを一体化した多面体のようなデザインを採用。大きく張り出した前後のホイールフレアも特徴となっている。

またフロントまわりについては、立体的なトヨタのエンブレムと、ロワーグリルを強調したバンパーの意匠など、各所にトヨタ独自のデザイン表現を採用。ワイド感と踏ん張り感あるフロントマスクとしている。ボディーは全長×全幅×全高=4350×1795×1565mm(ガソリン車の値。ハイブリッド車の全高は1555mm)、ホイールベース=2640mmというコンパクトなサイズにまとめられている。

欧州仕様のパワーユニットは3種類。ガソリンエンジンが2リッター直4自然吸気と1.2リッター直4ターボで、これに加えて1.8リッターガソリンエンジンに72psの電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを設定。また運転支援システムとして、歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティーや全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールなどの機能からなる「Toyota Safety Sense P」を用意している。

発売は、日本では2016年内、欧州では2017年初旬を予定している。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る