ポルシェジャパン、911Rの予約受注を開始

2016.03.01 自動車ニュース
世界限定991台の「ポルシェ911R」。
世界限定991台の「ポルシェ911R」。

ポルシェジャパン、「911R」の予約受注を開始

ポルシェジャパンは2016年3月1日、ジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~13日)で世界初公開された限定モデル「911R」の予約受け付けを、3月2日に開始すると発表した。世界限定991台で、日本での車両価格は2629万円。

 
ポルシェジャパン、911Rの予約受注を開始の画像
 
ポルシェジャパン、911Rの予約受注を開始の画像
 
ポルシェジャパン、911Rの予約受注を開始の画像
 
ポルシェジャパン、911Rの予約受注を開始の画像

■「GT3 RS」から50kg減の1370kgへ

1967年にデビューした初代911Rと同様に、新型911Rも軽量設計と、それに伴う動力性能の改善を特徴としている。

ボンネットとフェンダーにはカーボン、ルーフにはマグネシウムを用いるなどして、車重は「911 GT3 RS」より50kg軽い1370kgに抑えた。また、インテリアの遮音材を削減したり、リアシートを排除したりして軽さを徹底的に追求したほか、同様の目的からエアコンもオプション扱いとされている。

リアに搭載されている4リッターの水平対向6気筒エンジン(500ps、460Nm)はGT3 RSから継承したもの。ただし、トランスミッションは7段PDKではなく6段MTのみの設定となる。0-100km/h加速は3.8秒(GT3 RSは3.3秒)で、最高速は323kmh(同310km/h)と発表されている。

ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)とリアアクスルステアが標準で装備され、20インチのマットアルミ仕上げの軽量ホイールにはセンターロック機構が備わる。また、ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)の制御システムには911R独自のチューニングが施されている。

さらに、シフトダウン時にスイッチ操作でダブルクラッチが行える機能や、エンジンのレスポンスをさらに改善するためのシングルマスフライホイール(オプション)も用意される。ハンドル位置は右と左から選べる。

(webCG)

→「ポルシェ911R」の詳細な写真はこちら。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る