第18戦アブダビGP決勝結果【F1 2011 速報】

2011.11.14 自動車ニュース

【F1 2011 速報】第18戦アブダビGP、ハミルトンが起死回生の勝利

F1世界選手権第18戦アブダビGP決勝が、2011年11月13日、アブダビのヤス・マリーナ・サーキット(5.554km)を55周して行われた。

1シーズンの最多ポールポジション記録の14回に並んだ、レッドブル・ルノー駆るセバスチャン・ベッテルが、スタートからコーナー2つ目で起きたパンクでまさかのリタイア。その後トップに立ったマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが、7月のドイツGPに次ぐ今季3勝目をあげた。

ハミルトンから8.4秒後にゴールしたのは、フェラーリのフェルナンド・アロンソ。レース中、首位と付かず離れずの戦いを繰り広げたが、脅威を与えるまでには至らず、結局2位で終わった。

3位は、マクラーレンのジェンソン・バトン。途中、KERSのトラブルに見舞われながらも、レッドブルのマーク・ウェバーから表彰台を守り切り、今年11回目のポディウムフィニッシュを飾った。

残り2戦でまだ勝利のなかったウェバーは予選順位と変わらない4位でゴール。勝利どころか表彰台すらないフェラーリのフェリッペ・マッサは5位だった。
メルセデスの2台はまたもタンデムでチェッカードフラッグを受け、チームと来年以降の契約延長を発表したニコ・ロズベルグ6位、ミハエル・シューマッハーは7位。中団グループでこのレースを盛り上げてくれたフォースインディア・メルセデスは、エイドリアン・スーティル8位、ポール・ディ・レスタ9位とダブル入賞し、コンストラクターズチャンピオンシップ6位獲得に向けて大きく前進した。

そして10位に入ったのは、ザウバー・フェラーリの小林可夢偉。今回ノーポイントに終わったトロロッソ・フェラーリに1点差をつける価値あるポイントを獲得した。

以下、11位セルジオ・ペレス(ザウバー)、12位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ・コスワース)、13位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、14位パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、15位ハイミ・アルグエルスアリ(トロロッソ)、16位ブルーノ・セナ(ルノー)、17位ヘイキ・コバライネン(ロータス・ルノー)、18位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)、19位ティモ・グロック(ヴァージン・コスワース)、20位ビタントニオ・リウッツィ(HRTコスワース)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップ2位の座は、255点獲得のバトンがアロンソに10点差をつけて守っている。
いっぽうコンストラクターズ選手権6位争いは、フォースインディアを筆頭に15点差でザウバーが7位、ザウバーと1点しかギャップがないトロロッソ8位と、2週間後の最終戦まで激しい争いが持ち越されている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。