【スペック】全長×全幅×全高=4975×1875×1460mm/ホイールベース=2910mm/車重=1770kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(243ps/6800rpm、30.6kgm/4100rpm)/価格=694万円(テスト車=843万1100円)

ジャガーXF 3.0プレミアムラグジュアリー(FR/6AT)【試乗記】

5年目の本気 2011.11.13 試乗記 ジャガーXF 3.0プレミアムラグジュアリー(FR/6AT)
……843万1100円
「ジャガーXF」がこの秋、内外装に変更を受けた。目元をキリッと引き締めた新しいスポーツセダンの印象は? 3リッターV6モデルに試乗した。

目元すっきり二枚目に

最近、急激に進んでいるのがクルマのライトのLED化である。テールライトもそうだが、やはり目立つのはヘッドライト。主流はポジションライトがLEDというパターンだが、中にはハイビーム/ロービームまで全部LEDというモデルもある。

ヨーロッパ車の場合、もともとデイタイムランニングライトとして用意されたものだが、LEDライトがつくと顔の印象がガラッと変わるので、フルモデルチェンジはもちろん、モデルサイクル途中のフェイスリフトで追加するには格好のアイテムである。

ご覧のとおり、2012年モデルの「ジャガーXF」もしかり。プレスリリースを読むかぎり“マイナーチェンジ”という文字は見あたらないものの、2007年のフランクフルトショーでデビューしたXFは“2012年モデル”の名のもとに内外装のリフレッシュが実施されている。

クーペのようなエレガントなフォルムはそのままに、フロントバンパーからボンネット、フロントフェンダーのエアインテーク、リアコンビネーションランプなど、変更点はたくさんあるが、やはり一番のニュースはヘッドライトがすっきりとしたデザインに改められたことだろう。「J」字型のLEDランプも備わる。その“美顔効果”は絶大で、「あのヘッドライトがね」と残念がっていた人も、これなら躊躇(ちゅうちょ)せずこのクルマを選べるのではないか。

スッキリしたヘッドライトには、「J」字型のLEDランプが備わる。
スッキリしたヘッドライトには、「J」字型のLEDランプが備わる。
標準では18インチタイヤが装着されるが、テスト車にはオプションの255/35R20タイヤが装着されていた。
標準では18インチタイヤが装着されるが、テスト車にはオプションの255/35R20タイヤが装着されていた。
ジャガーXF 3.0プレミアムラグジュアリー(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る