第2回:デビューしたてのフレッシュな3台を紹介
輸入車チョイ乗りリポート~350万から500万円編~

2016.03.07 特集
 
 

大磯ロングビーチに集結した魅力的なインポートカーの中から、今回はwebCGメンバーが350万~500万円という価格帯で気になるモデルをピックアップ。いずれも2015年の下期から2016年にかけて登場したばかりという、フレッシュな3台を紹介する。

ジープ・レネゲード トレイルホーク
 
 
 

最新ジープは都会派ジープ!?
ジープ・レネゲード トレイルホーク(My Skyオープンエアルーフ付き)……361万8000円

4×4の代名詞ともいえるジープの最新モデル「Renegade(レネゲード、反逆者の意味)」。名は体を表すというがこのクルマ、そんな骨っぽいクルマには見えない。

今回試乗した「ソーラー イエロー」などポップなボディーカラーがそろっているし、見た目もフォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」やフィアットの「500」みたいな、レトロテイストのかわいい系だ。

内装も、そこここにジープのシンボルがちりばめられている。あらゆるところにウサギが潜む「スズキ・アルトラパン」のようだ。もっとずっとオトコっぽいけど……。

米・伊の5ブランドを抱えるFCAで、このクルマは「フィアット500X」との共同開発車。生産も、日本向けのものはイタリア・メルフィの工場で、フィアット500Xとともに作られる。

ということは、もしかしてイタリア企画? と思って開発者に聞くと、違うとの答え。企画自体はフィアットとの結婚以前からあったもので、デザイナーもアメリカ人。生産だけがイタリアで、ほかは完全にアメリカンなのだとか。ほぉ。

で、そんなレネゲード、4WDの上級仕様「トレイルホーク」に乗って、想像以上の快適さにうれしくなった。2.4リッターNAエンジン(175ps、23.5kgm)+9段ATの組み合わせは「チェロキー」でも実績のあるもので、変速マナーもパワーの出方も文句なし。乗り心地も、硬過ぎず柔らか過ぎずでちょうどいい。最高速100km/hの国で9段ATの意味あるかなとも思ったのだが、高速道路ではトップギアを使いこなしていた。

使い勝手の点では、ボディーの見切りがよく、幅はそこそこある(1805mm)ものの短い全長(4260mm)のおかげで狭い道でも取り回ししやすい。あと、オールシーズンタイヤを履いているので、予期しない突然の雪などに対応できるのもうれしい。

ジープブランドの末弟は、都市部の移動が中心で、時々、山や海で羽を伸ばす。そんな使い方がピッタリはまる、しゃれのきいた一台だった。

(文=webCG こんどー/写真=田村 弥)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レネゲードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2016」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る