ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)

メーカーの意気込みを感じる 2016.03.04 試乗記 ボルボの旗艦SUV「XC90」がモデルチェンジを受け、12年ぶりとなる新型が登場。「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」と呼ばれる新開発のプラットフォームや、新しいデザインコンセプトを取り入れた“新世代ボルボ”の出来栄えを確かめた。

“ドイツ系”とは違う世界観の持ち主

XC90で初めて採用される新世代のデザインキューは、新開発のプラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」とともに、デザイン担当のトーマス・インゲンラート副社長就任後に発表されたクーペ、SUV、ステーションワゴンのコンセプトカー3部作で既に予告済みのものだ。シャープな現行モデル系デザインを刷新し、「これが新しいボルボである」と誰の目にも明らかな新世代感満載の意匠を新型XC90に与えた。コンセプトカーが十分なリードタイムを作ったおかげか、日本を含むどの市場でもこのデザイン刷新は違和感なく受け入れられ、XC90は予想を上回る受注を得ているという。

フラッグシップSUVらしく全長×全幅×全高=4950×1960×1775mm、ホイールベース=2985mmに及ぶ堂々たる体躯(たいく)は、7人乗り3列シートの実用性向上にも貢献する。エクステリアデザインを細かく見れば、T字の“トールハンマー(映画『アベンジャーズ』のマイティ・ソーが持つハンマーも同モチーフ)型”としたLEDのポジションライトを内蔵するヘッドライト、ショルダー部分を強調したボディーラインに沿ったテールライトなど、新世代デザインの見どころは多い。

一方、そのエクステリア以上にモダンなインテリアは、おなじみの「フローティングセンタースタック」に代わって採用されたタッチスクリーン式縦型モニターと、高い質感が印象的だ。このモニターはスマホやタブレット感覚で、ナビやエアコンの温度調整など各種機能のコントロールが行える。物理スイッチを極力排した操作系は、シンプルでクリーンな北欧的インテリアの表現に貢献している反面、当たり前だが慣れも必要だ。各種設定から、これを“ホーム画面”としたいナビに戻るまでにひと手間かかるなど、ボルボ初のユーザーインターフェイスにはさらなる熟成の必要性を感じたのも事実である。

ボルボは今後直4までのエンジンしか造らないと公言しており、これはフラッグシップSUVのXC90も例外ではない。直4ガソリンターボ+スーパーチャージャーのダブル過給で320psを発生する「T6」は、2トン超えのボディーを軽いと感じさせる加速性能を持つ。直進安定性は4WDらしく申し分なく、ハンドリングも悪くない。ただ、オプション採用のエアサスの影響か、ステアリングの操作に対してボディーの上屋が遅れて追従する印象があり、「XC60」のようなソリッドさとは異なるフィーリングだったことは付け加えたい。

自慢のディーゼルは現状ラインナップされていないものの、ドイツ系ラグジュアリーSUVとは違った世界観と洗練されたデザインをXC90は持っている。記念すべき新開発SPAプラットフォーム採用第1号だけに、まだまだ乗り心地や静粛性、操作系に進化の余地は残されているが、XC90からはボルボの開発陣が持つ、「どのラグジュアリーブランドとも異なる、ボルボだけしかできない新しい時代を作る」という、ブランドを再定義するほどの強力な意気込みとメッセージを感じるのである。

(文=櫻井健一/写真=田村 弥)

【スペック】
全長×全幅×全高=4950×1960×1760mm/ホイールベース=2985mm/車重=2100kg/駆動方式=4WD/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ+スーパーチャージャー(320ps/5700rpm、40.8kgm/2200-5400rpm)/トランスミッション=8AT/燃費=11.7km/リッター/価格=909万円
 

初代のデビューから数えて12年ぶりの新型の登場であり、さらに初公開が2014年のパリサロンであったこともあって、随分と待たされた気がする2代目「XC90」。日本では2016年1月27日に発売された。
新型「XC90」のフロントまわり。グリルが立体感のあるモダンなデザインとなったほか、その中央に備わるおなじみのエンブレムも大型化されており、従来モデルより高級感のあるイメージとなっている。
エクステリア同様、こちらも新世代のコンセプトで構築されたインテリア。メーターは12.3インチの液晶パネルで、4つの表示デザインを選択することができる。
日本に導入されるパワーユニットは過給機付きガソリンエンジンの「T5」と「T6」、そして「T6」のエンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの「T8」の3種類。ガソリンエンジンはいずれも2リッター直4となる。
安全性に腐心するボルボらしく、新型「XC90」には強度の高いボロン鋼を使用した「セーフティケージ」や、車両が道路外に飛び出したと判断すると、運転席と助手席のシートベルトを強く巻き上げて乗員を保護する「ランオフ・ロード・プロテクション」など、ここでは紹介しきれないほどの独自技術が採用されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
ホームへ戻る