最高速は420km/h! ブガッティがシロンを発表【ジュネーブショー2016】

2016.03.03 自動車ニュース
「ブガッティ・シロン」の価格は240万ユーロ(約3億円)。生産台数は500台を予定する。
「ブガッティ・シロン」の価格は240万ユーロ(約3億円)。生産台数は500台を予定する。

【ジュネーブショー2016】最高速は420km/h! ブガッティが新型スポーツカー「シロン」を発表

フォルクスワーゲングループのブガッティはジュネーブショー2016で新型スポーツカー「シロン」を世界初公開した。ショー開幕の前日に当たる2016年3月1日には、ジュネーブでメディア向けプレビューが行われ、ひと足先にその概要が明らかにされた。

暗闇の奥に水滴を模した白いオブジェが置かれ、その隙間からブガッティグリルが見えている。
暗闇の奥に水滴を模した白いオブジェが置かれ、その隙間からブガッティグリルが見えている。
ブガッティのヴォルフガング・デュルハイマー社長。
ブガッティのヴォルフガング・デュルハイマー社長。
「シロン」のリアビュー。8リッターW16クワトロターボエンジンの最高出力は1500psに達し、最高速は420km/hを豪語する。
「シロン」のリアビュー。8リッターW16クワトロターボエンジンの最高出力は1500psに達し、最高速は420km/hを豪語する。
ボディーサイドの「Cバー」は室内でも反復され、ドライバーとパッセンジャーを優雅に仕切っている。
ボディーサイドの「Cバー」は室内でも反復され、ドライバーとパッセンジャーを優雅に仕切っている。

■1500psの8リッターW16ターボを搭載

暗闇の奥、水滴を模したケースの隙間から、馬蹄(ばてい)形に鈍く光るブガッティグリルだけが見えていた。

ところは、ジュネーブのラグジュアリーホテル。入り口にはブガッティブランドの調度品が設(しつら)えられており、ゲストたちはカクテルを片手に談笑している。

モーターショー前日。フォルクスワーゲングループは通常、全ブランドを集めての公式メディアプレビューを行うが、ブガッティはその前に、単独で「ヴェイロン」後継となるシロンの発表を、世界の限られたメディアを集めて行った。

社長のヴォルフガング・デュルハイマー氏が「全領域で進化し、人類未到の地にたどり着いた」と自信満々に語れば、デザインダイレクターのアヒム・アンシャイト氏は、「すべてにおいて、オーセンティックであるデザインだけが歴史に残ることができる」と表明。最後にその驚愕(きょうがく)のパフォーマンスについて、「すべての技術を使い果たし、限界値を更新した」と開発責任者でボードメンバーのウィリー・ネットゥシル氏が締めくくった。

そしてアンベール。拍手に包まれて姿を現した、濃淡ブルーツートンのシロンは、果たして、自動車デザインにおけるビューティー&ビースティーをすべて体現しきったかのようなオーラを放って、見る者を睥睨(へいげい)した。

特徴的な8つの光源からなるヘッドライトは、すでに「ブガッティ・ビジョン グランツーリスモ」でもおなじみのもの。そう、シロンのスタイリングは、基本的にあのコンセプトデザインから大胆なエアロパーツを取り除いたもの、と考えていい。

サイドの大きな「Cバー」(ブガッティライン)も、そうだ。これは、シロンの頭文字でもあると同時に、ジャン・ブガッティの傑作にして自動車史の至宝「タイプ57SC アトランティーク」へのオマージュでもあった。このCバーモチーフはなんと室内にも持ち込まれており、ドライバーとパセンジャーシートを優雅に仕切っている。

パフォーマンスについても概要だけ報告しておくと、大方の予想通り、1500ps/1600Nm(163.2kgm)という途方もないパワー&トルクスペックを引っ提げて登場した。8リッターW16クワトロターボエンジンは、マテリアルをすべて吟味し直した新設計である。また、2ステージターボシステムを新たに導入することによって、ターボラグがまるで存在しない、パワフルでスムーズな加速を実現したという。トランスミッションはヴェイロン同様、7段DCTだ。

最高速は、なんと420km/hで、これには「ロードユースにおける制限速度」と記されていた。まだまだいける、ということだろう。0-100km/h加速は、驚愕の2.5秒切り。

新たなアクティブダンピングシステムや、ライドコントロール、エンジンベイまでCFRP(炭素繊維強化プラスチック)とした強固なボディーストラクチャーなど、まだまだ語るべきポイントはたくさんあるが、それは後々のリポートに譲ろう。

今年の秋に始まるというシロンの納車、そのお値段は240万ユーロ(約3億円)で、世界500台限定。およそ8年かけて生産するという。早くも全数の3分の1以上に相当する数のオーダーが入っており、日本市場の反応も極めていいということだ。

この秋の上陸も期待できるシロン。もし、どこかで見かけることがあったら、そーっとコックピットをのぞいてみてほしい。うっすらとシルバーに光るメーターの数字が、500km/hまで刻まれていることを知って、あなたは感動するに違いない。そう、シロンは自らの高性能を、ブラックアウトしてしまう液晶メーターなどで隠そうとはせずに、光り輝くアナログメーターを使うことで、全人類に訴えかけているのだった。

(文=西川 淳/写真=佐藤靖彦)

関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る