ルノー・キャプチャーが仕様変更で燃費向上

2016.03.03 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー インテンス」
「ルノー・キャプチャー インテンス」

ルノーが「キャプチャー」の燃費を17.2km/リッターに改善

ルノー・ジャポンは2016年3月3日、マイナーチェンジを受けたクロスオーバーモデル「キャプチャー」の販売を開始した。

新色の「ベージュ サンドレメタリック+イヴォワール」。
新色の「ベージュ サンドレメタリック+イヴォワール」。
同じく新色の「ベージュ サンドレメタリック+ノワール エトワールメタリック」。
同じく新色の「ベージュ サンドレメタリック+ノワール エトワールメタリック」。

今回のマイナーチェンジでは、1.2リッター直噴ターボエンジンのアウトプットを従来の120ps/4900rpm、19.4kgm/2000rpmから118ps/5000rpm、20.9kgm/2000rpmに変更。高トルク化に合わせてデュアルクラッチ式ATのギア比も見直しており、加速性能を向上させるとともに、よりスムーズな変速を実現したという。

また新たにアイドリングストップ機構を採用することで、燃費を17.2km/リッターに改善している(JC08モード)。

このほかにも、上級グレード「インテンス」のボディーカラーに、ツートンカラーの「ベージュ サンドレメタリック+イヴォワール」と「ベージュ サンドレメタリック+ノワール エトワールメタリック」を追加。全5種類から選択可能とした。

価格は以下の通り。
・ゼン:256万9000円
・インテンス:267万2000円

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプチャールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸 2017.8.31 自動車ニュース 「カジャーBose」は、2018年初頭に国内本導入が予定されている「カジャー」の先行発売モデルである。名前の通りBOSEサウンドシステムを特別装備するほか、専用デザインのシートとパノラミックルーフも与えられる。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • ルノー・キャプチャー ゼン(FF/6AT)【試乗記】 2014.4.8 試乗記 単なるお買い得仕様にあらず。「ルノー・キャプチャー」のエントリーグレード「ゼン」の、上級グレードとはひと味違う魅力に触れた。
ホームへ戻る