ルノー・キャプチャーが仕様変更で燃費向上

2016.03.03 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー インテンス」
「ルノー・キャプチャー インテンス」

ルノーが「キャプチャー」の燃費を17.2km/リッターに改善

ルノー・ジャポンは2016年3月3日、マイナーチェンジを受けたクロスオーバーモデル「キャプチャー」の販売を開始した。

新色の「ベージュ サンドレメタリック+イヴォワール」。
新色の「ベージュ サンドレメタリック+イヴォワール」。
同じく新色の「ベージュ サンドレメタリック+ノワール エトワールメタリック」。
同じく新色の「ベージュ サンドレメタリック+ノワール エトワールメタリック」。

今回のマイナーチェンジでは、1.2リッター直噴ターボエンジンのアウトプットを従来の120ps/4900rpm、19.4kgm/2000rpmから118ps/5000rpm、20.9kgm/2000rpmに変更。高トルク化に合わせてデュアルクラッチ式ATのギア比も見直しており、加速性能を向上させるとともに、よりスムーズな変速を実現したという。

また新たにアイドリングストップ機構を採用することで、燃費を17.2km/リッターに改善している(JC08モード)。

このほかにも、上級グレード「インテンス」のボディーカラーに、ツートンカラーの「ベージュ サンドレメタリック+イヴォワール」と「ベージュ サンドレメタリック+ノワール エトワールメタリック」を追加。全5種類から選択可能とした。

価格は以下の通り。
・ゼン:256万9000円
・インテンス:267万2000円

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプチャールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その22) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ルノーのブースを画像で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記