トヨタ・プリウスE(FF/CVT)

グッドハンドリングエコカーの誕生 2016.03.07 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」は、自動車メディアの間でも評価が高い。そういう声が高まれば高まるほど、逆にプリウスに対する“構え”を強めていた筆者だったが、いざステアリングを握ると……。ベーシック仕様にして、モデル随一の燃費40.8km/リッター(JC08モード)を誇る「E」グレードに試乗した。

うわさは本当だった

プリウスのモデルチェンジは市井の民にとって大きな関心事だ。なにしろ日本で一番よく売れるクルマのモデルチェンジなのだから。けれども、これまではそれが必ずしもクルマ好きの大きな関心事とは限らなかった。なぜなら、プリウスはエコカーで、好きだからクルマに乗る層ではなく、必要だから乗る層のためのクルマだったから。エコカーというより、エコ“一辺倒”カーとみなされていた。

ところが、2015年末の新型発売より前の段階で「次期型はどうやらこれまでとは違うらしい」「燃費だけじゃないらしい」といううわさが自動車メディアの間に広がった。ジャーナリストもその影響力の大きさによって試乗するタイミングが異なる。発売より随分前にプロトタイプに試乗する偉い人もいるので、どうやったってそうしたうわさが流れてくるのだ。聞こえてくるのは、総じてプリウスの走りの面での高い評価だった。

だから試乗を楽しみにしていた。楽しみにするといっても、きっとよいのだろうというワクワクではなく、むしろその逆で「偉い人がよいと言ったからって僕も高評価を下すとは限らんよ」という武者震いだ。そしてほどなくその機会がやってきた。「さあ斬るぞ!」 試乗車のドアを開ける。「よいと言ったってプリウスはプリウスだろ?」 座ってシートベルトをしてプッシュボタンを押す。「3世代続けてこのクルマがドライビングファンを提供してくれたことはないんだから」 Dレンジに入れて走る。

よかった。これまでとは別モノだった。うわさは本当だった。ひと言で表現するなら「重心が低くて“曲がり”が気持ちよい」。ホント乗ってびっくりした。乗る前に見た大胆なデザインのフロントマスクにもびっくりしたが。加えて、従来のプリウスがもっていた「よい燃費を記録することの善良な市民としての素直なうれしさ」も、もちろん味わうことができた。

今回試乗したのは最廉価グレードの「E」。同時に新型「プリウス」で最も優秀な40.8km/リッターという燃費(JC08モード)がうたわれる“燃費スペシャル”グレードでもある。車両価格は242万9018円。衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」はオプションとなる。
今回試乗したのは最廉価グレードの「E」。同時に新型「プリウス」で最も優秀な40.8km/リッターという燃費(JC08モード)がうたわれる“燃費スペシャル”グレードでもある。車両価格は242万9018円。衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」はオプションとなる。
従来同様、インストゥルメントパネルはメーター(マルチインフォメーションディスプレイ)を中央に配置したデザイン。「表示系遠方・操作系手元配置」の考え方を「プリウス」のDNAとして引き継いでいる。「E」グレードではステアリングホイールがウレタンとなる。
従来同様、インストゥルメントパネルはメーター(マルチインフォメーションディスプレイ)を中央に配置したデザイン。「表示系遠方・操作系手元配置」の考え方を「プリウス」のDNAとして引き継いでいる。「E」グレードではステアリングホイールがウレタンとなる。
「E」グレードの内装色はブラックのみ。
「E」グレードの内装色はブラックのみ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る