第15回:男と女の出会い、それは自動車事故だった!?
『フェイク・クライム』

2011.11.11 エッセイ

第15回:男と女の出会い、それは自動車事故だった!?『フェイク・クライム』

カーチェイス抜きの銀行強盗映画

「あなたを轢いてよかった」
「僕もだ」

こんなセリフが出てくる。女が、男を、クルマで轢(ひ)いたのだ。それで、お互いに感謝している。どういうことだ、これ?

交通事故で性的エクスタシーを感じる男女を描いたデヴィッド・クローネンバーグ監督の『クラッシュ』という作品があったが、そういう類の映画ではない。一応、銀行強盗の話だ。でも、ハラハラドキドキのサスペンス満載の話かというと、それも違う。犯罪映画というと、派手なカーチェイスがお決まりだろう。街中で銃撃戦が始まり、クルマがぶつかって爆発する。そういうのもない。ならば、コンピューターでセキュリティシステムに侵入して金を盗み出すのか? 全然違う。実はこの映画、タイトルとは異なり、誠に古典的なロマンチックコメディーなのだ。

主人公のヘンリー・トーンを演じるのは、キアヌ・リーブス。『マトリックス』ではクールなヒーローだったが、今作ではさえない男の役だ。ニューヨーク州バファローの高速道路料金所で深夜勤務をしている。夜勤を終えて帰宅すると、突然訪ねてきた旧友から野球のメンバーが1人足りないから来てくれと頼まれる。奥さんの冷たい視線を感じながらも引き受け、運転手役を引き受けて球場へと向かう。

途中でATMに寄るので銀行のそばに駐車して待つように言われ、1人運転席に取り残される。ステアリングコラムを見ると、キーシリンダーが壊されて配線がむき出しになっている。明らかに盗難車だ。何か変だと気づくものの、ヘンリーは何も行動を起こさない。銀行の防犯ベルが鳴って、旧友たちが飛び出してくる。ATMで金をおろしたのではなく、銀行強盗をしようとしたのだ。彼らは逃げるが、クルマで待っていたヘンリーは警備員に取り押さえられてしまう。

(C)Henry's Crime, LLC, Mimran Schur Pictures, LLC. All rights reserved.
(C)Henry's Crime, LLC, Mimran Schur Pictures, LLC. All rights reserved.

第15回:男と女の出会い、それは自動車事故だった!? − 『フェイク・クライム』の画像

第15回:男と女の出会い、それは自動車事故だった!? − 『フェイク・クライム』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。