第337回:多彩な4WDモデルにイッキ乗り!
三菱の四駆を特設雪上コースで試す

2016.03.06 エッセイ
特設の雪上コースを走る「三菱アウトランダーPHEV」。
特設の雪上コースを走る「三菱アウトランダーPHEV」。

カジュアルなSUVから本格クロカンまで、さまざまな四駆モデルを取りそろえる三菱。モデル数が多いだけでなく、車種に応じて複数の4WD機構を使い分けるという気合の入れようだ。そんな“四駆に本気”の三菱のラインナップに、雪上コースでイッキ乗りした。

試乗のために用意された車両のなかには、SUVの「パジェロスポーツ」やピックアップトラックの「トライトン」など、日本で販売されていないモデルの姿も。
試乗のために用意された車両のなかには、SUVの「パジェロスポーツ」やピックアップトラックの「トライトン」など、日本で販売されていないモデルの姿も。
スタート地点の前でコースインを待つ試乗車の列。今回の試乗会は、十勝スピードウェイに用意された特設の雪上コースで行われた。
スタート地点の前でコースインを待つ試乗車の列。今回の試乗会は、十勝スピードウェイに用意された特設の雪上コースで行われた。
「ジープ」や「ランサーエボリューション」などとともに、“四駆の三菱”というイメージの確立に一役買った「パジェロ」。
「ジープ」や「ランサーエボリューション」などとともに、“四駆の三菱”というイメージの確立に一役買った「パジェロ」。

「四駆」ではなく「四輪制御」

「うわぁ、こんなに曲がってくれちゃうんだ」
四駆といえば直線番長的なイメージをお持ちの方も、まだまだいらっしゃるかもしれませんが、イマドキの四駆は曲がるんです! これをわかりやすく体験するために、選ばれたステージはすなわち雪道。雪を目にすると「やっぱり四駆でしょ! 走破性は高いし、安定性は高いし、やっぱり四駆が安心よね」という気持ちに自然になりますよね。

四駆とひと口に言ってもいろいろなタイプがありますが、「パジェロ」や「デリカ」を有する三菱は、やっぱり本格四駆のイメージが強いメーカー。というわけで、今回は特設雪上コースを三菱の四駆で駆け回ってまいりました。

“三菱の四駆”を不動の地位に押し上げたのは、やっぱりパジェロでしょう。1982年に登場したころはまだ、このジャンルのクルマは「RV」などと呼ばれていましたね。パジェロはジープから本格的な四駆の技術を受け継ぎつつ、普段使いもできるということで大ヒットしました。しかも、その技術を引っ提げてダカールラリーにも参戦し、7連覇を含む通算12勝という素晴らしい戦績を残しています。

そして今では、4WDシステムは「四駆」というより「四輪制御」ともいうべきものに進化を遂げています。かつての四駆は「イコール駆動力」といった感じでしたが、今の四駆は「走る」「曲がる」「止まる」の基本性能を、高い安定性とともに実現するもの。そんなわけで、三菱では自社の駆動制御技術について、まとめて「AWC(オールホイールコントロール)」と呼んでいます。

今回の試乗の舞台となった特設雪上コースには、そんなAWC技術が用いられた三菱車の中から、パジェロ、デリカD:5、「アウトランダー」、「アウトランダーPHEV」、そして日本では販売されていない「トライトン」と「パジェロスポーツ」の試乗車が用意されていました。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ