第118回:自動車の進化が止まった近未来のディストピア
『オートマタ』

2016.03.05 エッセイ

濃い顔イケメンなのに汚れキャラ

スクリーンに映し出されたのは、スキンヘッドのやさぐれた男。ジェイソン・ステイサム……と思ったが、それにしては目が大きいしまつ毛が長い。よく見たらアントニオ・バンデラスではないか。フェロモンむんむんの濃い顔イケメンとして知られる彼が、いつもとはまったく違うたたずまいの汚れキャラを演じている。

『オートマタ』の舞台は2044年。太陽の異変によって地球の砂漠化が進み、人類の97%が死滅した。生き残ったのはわずか2100万人だ。環境は悪化したままで、pH8.44の雨が降る。街は荒廃し、道路はゴミだらけだ。治安が保たれているのは中心部だけで、スラム街には路上生活者があふれる。人口が減りすぎて働き手が足りず、ROC社によってピルグリム7000というロボットが作られた。機械だから、劣悪な環境下での危険な任務を命じることもできる。

オートマタというのは、ロボットの原型ともいうべき機械人形のことだ。『ヒューゴの不思議な発明』に登場した絵描き人形、からくり儀右衛門こと田中久重が作った茶運び人形や弓引き人形などがよく知られている。昭和初期に西村真琴が作った學天則もこのジャンルだ。ピルグリム7000はオートマタどころか高度な人工知能(AI)を持つハイテク製品である。ASIMOよりはるかに進んだ機能が搭載されているのだ。使い方によっては、人類の脅威となることも考えられるから、危険を未然に防ぐための方策が施されなければならない。

(C)2013 AUTOMATA PRODUCTIONS, INC.
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。