ランボルギーニ・ウラカンLP610-4スパイダー(4WD/7AT)

オープンスポーツの真打ち 2016.03.10 試乗記 ランボルギーニの快進撃を支える「ウラカン」、そのラインナップに加わったオープンモデル「ウラカンLP610-4 スパイダー」に試乗した。“激動期”にある同社が送り出した最新オープンスポーツの実力やいかに?

異例の長期政権

ウラカン スパイダーの国際試乗会は2月2日に、常夏の米国マイアミで開催された。そして、今、ボクはこの原稿をジュネーブショーのプレスデー(3月1日と2日)の後に書いている。ランボルギーニにとって、そしてランボファンにとっても、2016年2月は“激動の1カ月”であった。

マイアミで行われた日本メディア向け合同インタビューで、ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、大変ご機嫌な様子に見えた。それはそうだろう。2015年のランボルギーニ社は、世界セールスが同社史上初めて3000台以上(3245台)となり、売上高も約4割アップの8億7200万ユーロ(約1100億円)に達していた。しかも、相手は、実質的に世界で2番目の市場からやってきたメディアである(発表では、アメリカ、中国に次ぐ第3位となっていたが、ここでいう中国とはGreater Chinaであり、香港と台湾を含んでいる)。機嫌の悪くなるはずもない。そう思っていた。

昨年末から、ウワサはあった。新たにランボルギーニの社長兼CEOに就任するボローニャ出身のステファノ・ドメニカリ(元フェラーリ、元FIA)がアウディグループに入り、ランボルギーニと人的関係の深いドゥカティを任せられていた。さらに、アウディ本体から新たなCFO(最高財務責任者)が送り込まれ、財布のひもをがっちり握った。新型SUV「ウルス」の生産体制を整えるため、企業規模を全てにおいて2倍にすることを発表した。つまり、下地は整っていた。そこから連想を働かせたものも多かったのだ。

何しろ、ステファンはすでにランボルギーニ在籍11年である。世界的に有名なスーパーカーメーカーとはいえ、メジャーグループ傘下の小さないちブランドにすぎない。“サラリーマン社長”としては異例の長期政権だったから、いつ変わってもおかしくはなかった。

2015年の成功は「ウラカン」抜きには語れない。全販売台数3245台のうち、ウラカンは2242台を占めた。市場投入後18カ月の納車台数は、先代モデルに当たる「ガヤルド」より70%も多かったという。
2015年の成功は「ウラカン」抜きには語れない。全販売台数3245台のうち、ウラカンは2242台を占めた。市場投入後18カ月の納車台数は、先代モデルに当たる「ガヤルド」より70%も多かったという。
「ウラカン スパイダー」は2015年9月のフランクフルトショーでワールドデビューを果たした。
「ウラカン スパイダー」は2015年9月のフランクフルトショーでワールドデビューを果たした。
アルカンターラとナッパレザーがふんだんに用いられたインテリア。
アルカンターラとナッパレザーがふんだんに用いられたインテリア。
「ウラカン スパイダー」のリアビュー。外装色は全11色が設定される(欧州仕様の場合)。
「ウラカン スパイダー」のリアビュー。外装色は全11色が設定される(欧州仕様の場合)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウラカン スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る