ランボルギーニ・ウラカンLP610-4スパイダー(4WD/7AT)

オープンスポーツの真打ち 2016.03.10 試乗記 ランボルギーニの快進撃を支える「ウラカン」、そのラインナップに加わったオープンモデル「ウラカンLP610-4 スパイダー」に試乗した。“激動期”にある同社が送り出した最新オープンスポーツの実力やいかに?

異例の長期政権

ウラカン スパイダーの国際試乗会は2月2日に、常夏の米国マイアミで開催された。そして、今、ボクはこの原稿をジュネーブショーのプレスデー(3月1日と2日)の後に書いている。ランボルギーニにとって、そしてランボファンにとっても、2016年2月は“激動の1カ月”であった。

マイアミで行われた日本メディア向け合同インタビューで、ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、大変ご機嫌な様子に見えた。それはそうだろう。2015年のランボルギーニ社は、世界セールスが同社史上初めて3000台以上(3245台)となり、売上高も約4割アップの8億7200万ユーロ(約1100億円)に達していた。しかも、相手は、実質的に世界で2番目の市場からやってきたメディアである(発表では、アメリカ、中国に次ぐ第3位となっていたが、ここでいう中国とはGreater Chinaであり、香港と台湾を含んでいる)。機嫌の悪くなるはずもない。そう思っていた。

昨年末から、ウワサはあった。新たにランボルギーニの社長兼CEOに就任するボローニャ出身のステファノ・ドメニカリ(元フェラーリ、元FIA)がアウディグループに入り、ランボルギーニと人的関係の深いドゥカティを任せられていた。さらに、アウディ本体から新たなCFO(最高財務責任者)が送り込まれ、財布のひもをがっちり握った。新型SUV「ウルス」の生産体制を整えるため、企業規模を全てにおいて2倍にすることを発表した。つまり、下地は整っていた。そこから連想を働かせたものも多かったのだ。

何しろ、ステファンはすでにランボルギーニ在籍11年である。世界的に有名なスーパーカーメーカーとはいえ、メジャーグループ傘下の小さないちブランドにすぎない。“サラリーマン社長”としては異例の長期政権だったから、いつ変わってもおかしくはなかった。

2015年の成功は「ウラカン」抜きには語れない。全販売台数3245台のうち、ウラカンは2242台を占めた。市場投入後18カ月の納車台数は、先代モデルに当たる「ガヤルド」より70%も多かったという。
2015年の成功は「ウラカン」抜きには語れない。全販売台数3245台のうち、ウラカンは2242台を占めた。市場投入後18カ月の納車台数は、先代モデルに当たる「ガヤルド」より70%も多かったという。
「ウラカン スパイダー」は2015年9月のフランクフルトショーでワールドデビューを果たした。
「ウラカン スパイダー」は2015年9月のフランクフルトショーでワールドデビューを果たした。
アルカンターラとナッパレザーがふんだんに用いられたインテリア。
アルカンターラとナッパレザーがふんだんに用いられたインテリア。
「ウラカン スパイダー」のリアビュー。外装色は全11色が設定される(欧州仕様の場合)。
「ウラカン スパイダー」のリアビュー。外装色は全11色が設定される(欧州仕様の場合)。
関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る