プジョー、特別仕様車2008 CROSSCITYを発売

2016.03.07 自動車ニュース

プジョー、特別仕様車「2008 CROSSCITY」を発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年3月7日、プジョーのコンパクトSUV「2008」に特別仕様車「2008 CROSSCITY(クロスシティ)」を設定し、販売を開始した。

今回の2008 CROSSCITYは、新パワートレインの採用や、路面状況に合わせて駆動輪へのエンジントルクとブレーキを制御する「グリップコントロール」ほかを装備することで、オンロードおよびオフロードにおける走行性能や快適性の向上が図られている。

新パワートレインは、ピュアテック1.2リッター直列3気筒ターボエンジン(最高出力110ps、最大トルク20.9kgm)と、「208」「308」にも搭載している第3世代6段AT(EAT6)との組み合わせ。さらに、「3008」にも搭載されるグリップコントロールと、その機能を生かすオールシーズンタイヤを標準装備し、街中での快適性や高速走行時の加速性能、悪路や雪道の走破性など、さまざまな条件下での走行性能を向上させている。

また内外装についても、よりSUVらしいアイテムを新たに採用。エクステリアでは、グリーン/オレンジ/グレーのボディーサイドステッカーやペルラ・ネラ・ブラックドアミラー、新17インチツートーンブラックアロイホールを、インテリアではグリーンステッチ入りレザーステアリング&専用ファブリックシートやフロントドアステップガード、専用フロアマットなどを標準装備としている。

ボディーカラーは、新色「エメラルド・クリスタル」のほか、「パール・ホワイト」「トルマリン・レッド」「ペルラ・ネラ・ブラック」「プラチナ・グレー」「ビアンカ・ホワイト」の全6色をラインナップ。価格は265万円。

(webCG)
 

「プジョー2008 CROSSCITY」。写真のボディーカラーは新色の「エメラルド・クリスタル」。
「プジョー2008 CROSSCITY」。写真のボディーカラーは新色の「エメラルド・クリスタル」。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 「プジョー208」に199万円のエントリーモデルが登場 2017.7.3 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月3日、「プジョー208」に特別仕様車「First Selection(ファーストセレクション)」を設定し、240台の台数限定で発売した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る