ディーゼルエンジンのマセラティ・ギブリ発売

2016.03.07 自動車ニュース
「マセラティ・ギブリ ディーゼル」
「マセラティ・ギブリ ディーゼル」

ディーゼルエンジン搭載の「マセラティ・ギブリ」発売

マセラティ ジャパンは2016年3月7日、スポーツセダン「マセラティ・ギブリ」のディーゼル仕様車「ギブリ ディーゼル」を発売した。デリバリーは、同年3月中に始まる見込み。

 
ディーゼルエンジンのマセラティ・ギブリ発売の画像
「ギブリ ディーゼル」の3リッターV6ディーゼルターボ。最高出力275psと最大トルク(オーバーブースト時)61.2kgmを発生する。
「ギブリ ディーゼル」の3リッターV6ディーゼルターボ。最高出力275psと最大トルク(オーバーブースト時)61.2kgmを発生する。
 
ディーゼルエンジンのマセラティ・ギブリ発売の画像

日本市場におけるギブリは、これまで3リッターV6ガソリンターボ搭載車に限られていたが、今回新たに、3リッターのV6ディーゼルターボが選べるようになった。

このディーゼルエンジンは、マセラティとイタリアのVMモトーリ社が共同開発したもの。フェラーリのF1エンジンを手がけた、マセラティのパワートレインディレクター監督の下、マセラティ専用エンジンとして設計された。
最高出力は275ps/4000rpmで、最大トルク(オーバーブースト時)は61.2kgm/2000-2600rpm。スタート&ストップ機能も備わっており、17.0km/リッター(欧州複合モード)の燃費と、158g/kmのCO2排出量を実現している。

トランスミッションは8段ATのみで、後輪を駆動する。0-100km/h加速に要する時間は6.3秒で、最高速は250km/h。ディーゼルエンジンの重量はガソリンエンジンに比べて約25㎏増しているものの、前後重量配分は51:49と、ほぼ理想的なバランスを維持しているとアピールされる。

“音”もセリングポイントのひとつだ。最先端のコモンレールダイレクトインジェクションシステムを採用し、エキゾーストマニホールドの防音効果を高めることで、ディーゼル特有の燃焼音を大幅に低減。テールパイプに取り付けられた2つのサウンドアクチュエーターが、エンジンの最も特徴的な音色を強調し、走行モードに応じたスポーティーな排気音を聞かせるという。

価格は933万円。ハンドル位置は右のみとなっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場 2017.2.3 自動車ニュース 「ポルシェ・カイエン」に充実した装備と特別な内外装の仕様が特徴の新グレード「カイエンSプラチナエディション」が登場。21インチのアルミホイールやアルカンターラとレザーのコンビシートなどが標準装備される。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る