ディーゼルエンジンのマセラティ・ギブリ発売

2016.03.07 自動車ニュース
「マセラティ・ギブリ ディーゼル」
「マセラティ・ギブリ ディーゼル」

ディーゼルエンジン搭載の「マセラティ・ギブリ」発売

マセラティ ジャパンは2016年3月7日、スポーツセダン「マセラティ・ギブリ」のディーゼル仕様車「ギブリ ディーゼル」を発売した。デリバリーは、同年3月中に始まる見込み。

 
ディーゼルエンジンのマセラティ・ギブリ発売の画像
「ギブリ ディーゼル」の3リッターV6ディーゼルターボ。最高出力275psと最大トルク(オーバーブースト時)61.2kgmを発生する。
「ギブリ ディーゼル」の3リッターV6ディーゼルターボ。最高出力275psと最大トルク(オーバーブースト時)61.2kgmを発生する。
 
ディーゼルエンジンのマセラティ・ギブリ発売の画像

日本市場におけるギブリは、これまで3リッターV6ガソリンターボ搭載車に限られていたが、今回新たに、3リッターのV6ディーゼルターボが選べるようになった。

このディーゼルエンジンは、マセラティとイタリアのVMモトーリ社が共同開発したもの。フェラーリのF1エンジンを手がけた、マセラティのパワートレインディレクター監督の下、マセラティ専用エンジンとして設計された。
最高出力は275ps/4000rpmで、最大トルク(オーバーブースト時)は61.2kgm/2000-2600rpm。スタート&ストップ機能も備わっており、17.0km/リッター(欧州複合モード)の燃費と、158g/kmのCO2排出量を実現している。

トランスミッションは8段ATのみで、後輪を駆動する。0-100km/h加速に要する時間は6.3秒で、最高速は250km/h。ディーゼルエンジンの重量はガソリンエンジンに比べて約25㎏増しているものの、前後重量配分は51:49と、ほぼ理想的なバランスを維持しているとアピールされる。

“音”もセリングポイントのひとつだ。最先端のコモンレールダイレクトインジェクションシステムを採用し、エキゾーストマニホールドの防音効果を高めることで、ディーゼル特有の燃焼音を大幅に低減。テールパイプに取り付けられた2つのサウンドアクチュエーターが、エンジンの最も特徴的な音色を強調し、走行モードに応じたスポーティーな排気音を聞かせるという。

価格は933万円。ハンドル位置は右のみとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
ギブリマセラティ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • 第56回:激安店の粗悪車(?)に賭けろ! 2017.8.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第56回は「激安車の粗悪車(?)に賭けろ!」。諸経費の高さに驚きつつも、「BMW 320d」の購入に踏み切った筆者。いったいナゼ!? 安心をとるか、リスクをとるか。中古車選びには常に賭けがつきまとう。
ホームへ戻る