ディーゼルエンジンのマセラティ・ギブリ発売

2016.03.07 自動車ニュース
「マセラティ・ギブリ ディーゼル」
「マセラティ・ギブリ ディーゼル」

ディーゼルエンジン搭載の「マセラティ・ギブリ」発売

マセラティ ジャパンは2016年3月7日、スポーツセダン「マセラティ・ギブリ」のディーゼル仕様車「ギブリ ディーゼル」を発売した。デリバリーは、同年3月中に始まる見込み。

 
ディーゼルエンジンのマセラティ・ギブリ発売の画像
「ギブリ ディーゼル」の3リッターV6ディーゼルターボ。最高出力275psと最大トルク(オーバーブースト時)61.2kgmを発生する。
「ギブリ ディーゼル」の3リッターV6ディーゼルターボ。最高出力275psと最大トルク(オーバーブースト時)61.2kgmを発生する。
 
ディーゼルエンジンのマセラティ・ギブリ発売の画像

日本市場におけるギブリは、これまで3リッターV6ガソリンターボ搭載車に限られていたが、今回新たに、3リッターのV6ディーゼルターボが選べるようになった。

このディーゼルエンジンは、マセラティとイタリアのVMモトーリ社が共同開発したもの。フェラーリのF1エンジンを手がけた、マセラティのパワートレインディレクター監督の下、マセラティ専用エンジンとして設計された。
最高出力は275ps/4000rpmで、最大トルク(オーバーブースト時)は61.2kgm/2000-2600rpm。スタート&ストップ機能も備わっており、17.0km/リッター(欧州複合モード)の燃費と、158g/kmのCO2排出量を実現している。

トランスミッションは8段ATのみで、後輪を駆動する。0-100km/h加速に要する時間は6.3秒で、最高速は250km/h。ディーゼルエンジンの重量はガソリンエンジンに比べて約25㎏増しているものの、前後重量配分は51:49と、ほぼ理想的なバランスを維持しているとアピールされる。

“音”もセリングポイントのひとつだ。最先端のコモンレールダイレクトインジェクションシステムを採用し、エキゾーストマニホールドの防音効果を高めることで、ディーゼル特有の燃焼音を大幅に低減。テールパイプに取り付けられた2つのサウンドアクチュエーターが、エンジンの最も特徴的な音色を強調し、走行モードに応じたスポーティーな排気音を聞かせるという。

価格は933万円。ハンドル位置は右のみとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
ギブリマセラティ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ2018年モデル メディア発表会の会場から 2017.11.7 画像・写真 マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京で、マセラティ各車の2018年モデルをお披露目した。イベントの様子や会場に並んだ車両の姿を写真でリポートする。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • 第455回:よみがえったもう1台のボンドカー 幻のトヨタ2000GTがフルレストアを経て復活 2017.11.1 エディターから一言 「トヨタ2000GT」の“ボンドカー”が、実は2台存在したことをご存じだろうか。長くベールに包まれていた幻の2000GTボンドカーが、このたびフルレストアを経て復活。ついにその姿を、われわれの前に現した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4... 2017.10.27 試乗記
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記