テスラ・モデルS P85D(4WD)

価値ある電気自動車 2016.03.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。

進化はコンピューターのように

テスラ・モーターズは日本での販売台数を公表していない。が、国土交通省によれば、2014年7月4日~15年11月20日に輸入されたモデルSを対象としたシートベルトのリコールが出ており、その対象台数が681台。従ってモデルSは少なくともそれだけは売れ、ペースもそのくらいだということがわかる。東京じゃ珍しくなくなったよね。

2012年の発売以来、そして2014年の日本正式導入以来、何かと話題を振りまいてきたモデルS。登場後も細かく仕様が変更されてきたほか、これこそがシリコンバレー生まれのEVらしいところだが、3G回線やWi-Fiを通じ、オンラインでソフトウエアがアップデートされる。例えばモデルSはある時期のモデルからカメラ、レーダー、超音波センサーなどが備わっているのだが、当初それらは使われていなかった。その後、バージョン6.2というソフトウエアが配信され、アップデートすることで追従型クルーズコントロールなどが使えるようになったのだ。PCやスマートフォンのアップデートは現代人にとってワクワクすることのひとつ。それをクルマでも味わえるんだからオーナーがうらやましい。

今回テストしたのは、先日配信が始まったバージョン7.1にアップデートされたP85D。モデル名の「P」はパフォーマンスバージョンであることを、85はバッテリー容量が85kWhだということを、そして「D」はデュアルモーター、すなわち前後の車軸にひとつずつモーターが備わる4WD車であることを意味する。EVの場合、発進と同時に最大トルクに達するだけに、駆動を4輪に分散するのは理にかなっていると思う。

テスラを代表するEV「モデルS」。日本では2011年5月に予約受付が開始され、2014年9月にデリバリーが始まった。
テスラを代表するEV「モデルS」。日本では2011年5月に予約受付が開始され、2014年9月にデリバリーが始まった。
インテリアの様子。センターコンソール中央に据えられた、17インチのタッチスクリーンが目を引く。
インテリアの様子。センターコンソール中央に据えられた、17インチのタッチスクリーンが目を引く。
メーターは全面液晶表示。車両情報のほか、カーナビゲーションの誘導イメージも表示できる。
メーターは全面液晶表示。車両情報のほか、カーナビゲーションの誘導イメージも表示できる。
リアエンブレム。車名にある「D」はデュアルモーター、つまり駆動用モーターを2つ搭載する4WD車であることを意味する。
リアエンブレム。車名にある「D」はデュアルモーター、つまり駆動用モーターを2つ搭載する4WD車であることを意味する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • 第383回:テスラが自動運転機能の安全性を強化
    新ソフト「バージョン8.0」搭載の「モデルS」に試乗
    2016.11.29 エッセイ テスラモーターズは2016年の秋、オートパイロットと呼ばれる自動運転機能の安全性強化を中心とした新ソフトウエア「バージョン8.0」の配信を開始した。このアップデートでテスラはどのように進化したのか。同ソフト搭載の「モデルS」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2017.3.31 画像・写真 アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の画像を紹介する。2.9リッターV6ツインターボ(510ps)搭載車をラインナップの頂点とし、その下に2リッター直4ガソリンターボや2種類の2.2リッター直4ディーゼルターボが設定されている。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2016.9.27 試乗記 電気自動車・テスラのラインナップにSUVの「モデルX」が加わった。史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発されたモデルXは、世界的なSUV人気を追い風に、テスラの顔になりうるか?
  • テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)【試乗記】 2013.4.18 試乗記 テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)

    日本でも今年中にデリバリーが開始されるというテスラのEV(電気自動車)サルーン「モデルS」。北米のEVベンチャーが初めて手掛けたフルオリジナルモデルを、日本の道で試した。
ホームへ戻る