テスラ・モデルS P85D(4WD)

価値ある電気自動車 2016.03.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。

進化はコンピューターのように

テスラ・モーターズは日本での販売台数を公表していない。が、国土交通省によれば、2014年7月4日~15年11月20日に輸入されたモデルSを対象としたシートベルトのリコールが出ており、その対象台数が681台。従ってモデルSは少なくともそれだけは売れ、ペースもそのくらいだということがわかる。東京じゃ珍しくなくなったよね。

2012年の発売以来、そして2014年の日本正式導入以来、何かと話題を振りまいてきたモデルS。登場後も細かく仕様が変更されてきたほか、これこそがシリコンバレー生まれのEVらしいところだが、3G回線やWi-Fiを通じ、オンラインでソフトウエアがアップデートされる。例えばモデルSはある時期のモデルからカメラ、レーダー、超音波センサーなどが備わっているのだが、当初それらは使われていなかった。その後、バージョン6.2というソフトウエアが配信され、アップデートすることで追従型クルーズコントロールなどが使えるようになったのだ。PCやスマートフォンのアップデートは現代人にとってワクワクすることのひとつ。それをクルマでも味わえるんだからオーナーがうらやましい。

今回テストしたのは、先日配信が始まったバージョン7.1にアップデートされたP85D。モデル名の「P」はパフォーマンスバージョンであることを、85はバッテリー容量が85kWhだということを、そして「D」はデュアルモーター、すなわち前後の車軸にひとつずつモーターが備わる4WD車であることを意味する。EVの場合、発進と同時に最大トルクに達するだけに、駆動を4輪に分散するのは理にかなっていると思う。

テスラを代表するEV「モデルS」。日本では2011年5月に予約受付が開始され、2014年9月にデリバリーが始まった。
テスラを代表するEV「モデルS」。日本では2011年5月に予約受付が開始され、2014年9月にデリバリーが始まった。
インテリアの様子。センターコンソール中央に据えられた、17インチのタッチスクリーンが目を引く。
インテリアの様子。センターコンソール中央に据えられた、17インチのタッチスクリーンが目を引く。
メーターは全面液晶表示。車両情報のほか、カーナビゲーションの誘導イメージも表示できる。
メーターは全面液晶表示。車両情報のほか、カーナビゲーションの誘導イメージも表示できる。
リアエンブレム。車名にある「D」はデュアルモーター、つまり駆動用モーターを2つ搭載する4WD車であることを意味する。
リアエンブレム。車名にある「D」はデュアルモーター、つまり駆動用モーターを2つ搭載する4WD車であることを意味する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る