ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)

名車の予感 2016.03.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。

自然吸気ボクスターの集大成

かねてウワサとなっていた4気筒ターボ搭載の「718ボクスター/ケイマン」が、年明け早々、国内でも正式デビューした。そんな718の登場前夜、まるで“6気筒ミドシップ、究極のフィナーレ!”といわんばかりに現れたのが、ボクスターにおける「スパイダー」とケイマンの「GT4」だ。

両車のスペックについては、『webCG』でも何度も紹介されているので、ここで詳細を繰り返すことはしない。ともに「911」でいうと「カレラS」に相当する3.8リッター水平対向6気筒は、ボクスター/ケイマン史上最大排気量にして、もちろん最高性能でもある。

ボクスターにおけるスパイダーは“走りに直接関係ない部分の装備や機能を省略して軽量化”しているのが売りで、それは最新スパイダーも例外ではない。今回の試乗個体の車検証重量は1350kg。981型ボクスターの車体構造がすでに軽合金を多用した軽量設計であることもあって、同じ6MTの「ボクスターS」比で10kgほどの減量にとどまる。

ボクスター スパイダーといえば、ソフトトップの軽量簡略化が象徴のひとつだ。先代スパイダーが布1枚を上からかぶせるだけのような構造だったのに対して、新スパイダーのそれは同じ手動の1枚モノながら一般的な折り畳み式となり、キャビンが密閉されるようになったのが改良点……というか変更点だ。

ただ、直立したリアの樹脂ウィンドウと、それを支えるリアクオーター部のテンショナーフィンは残されており、フィンの脱着(とルーフを収納するリアフード開閉)作業のためにクルマを降りる必要はある。よって、「マツダ・ロードスター」のように、すべての開閉作業をシートに座ったままできるわけではない。先代よりずいぶん簡単になったとはいえ、スパイダーならではの儀式は健在である。

「ボクスター スパイダー」は高出力のエンジンの採用と軽量化によって動力性能を高めた「ボクスター」の高性能モデルであり、2009年に初めて設定された。
テスト車のインテリアにはオプションの「スパイダー・クラシックインテリア」が採用されており、各所に赤いレザーが用いられていた。
シートの後方に“じゃばら状”に折りたたまれたソフトトップ。トップのロック/アンロック以外の操作は、手動で行う。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
ホームへ戻る