第440回:大矢アキオのジュネーブショー2016
ヒュンダイ製“プリウス・キラー”を侮るな!?

2016.03.11 エッセイ

ジュネーブショーの東京オートサロン化、進行中!

ジュネーブモーターショー2016が開幕。3月1日と2日の両日は報道関係者向けに公開された。

今年は30の国と地域から約200の企業・団体が参加。世界初・欧州初の展示は120であった。
参考までに言うと、昨2015年の出展者・団体数は220程度で、世界初・欧州発の展示は約160と発表されていたから、規模としてはやや縮小したことになる。上海発のプレミアムカーブランド、クオロスや、元ベルトーネのマイケル・ロビンソンが率いて昨2015年に参加したEDデザインが会場から消えたのは、その一例である。思えば、クオロスはジュネーブショーに出展することで、欧州に認められたブランドになったことを強調していた。当初の目的を達成して“卒業”したのだろう。

そして、もうひとつ。なんとランチアもジュネーブ会場から消えていた。
にもかかわらず、ボクが会った中の誰ひとりとして、その伝統的イタリア高級車ブランドの、歴史的ともいえるブース消滅を話題にしなかった。同じグループのFCAによる「フィアット124スパイダー」の欧州プレミアや「アバルト124スパイダー」のワールドプレミアに、幻惑されたのに違いない。

一方、ここ数年、会場で目立つようになってきたのはチューナー。そして中国などの資本を得た少量生産工房である。彼らのブースは、コンパニオンも派手なことが多い。だから、ボク自身は「ジュネーブショーの東京オートサロン化が進行中」と読んでいる。

そうした中、自動車会社としては、ジュネーブショーからおよそひと月後の中国でのショーも視野に入れて、主力車種の発表やコンセプトカー作りに注力するのは当然のことだろう。

第86回ジュネーブモーターショーの会場から。トゥーリング・スーペルレッジェーラの創立90周年記念作「ディスコヴォランテ スパイダー」。
第86回ジュネーブモーターショーの会場から。トゥーリング・スーペルレッジェーラの創立90周年記念作「ディスコヴォランテ スパイダー」。
中国の新興ブランド「テックルールズ」のブースで。
中国の新興ブランド「テックルールズ」のブースで。
その他の会場展示車両から。インドのタタが発表した1.2リッターの小型車。当初計画の車名「Zica」がジカ熱を連想させることから、ポルトガル人男子の名前としてポピュラーな「ティアーゴ」という名前が急きょ与えられた。
その他の会場展示車両から。インドのタタが発表した1.2リッターの小型車。当初計画の車名「Zica」がジカ熱を連想させることから、ポルトガル人男子の名前としてポピュラーな「ティアーゴ」という名前が急きょ与えられた。
「タタ・ティアーゴ」のダッシュボード。コネクティビティーへの対応は、なんとハーマンとコラボレートしている。
「タタ・ティアーゴ」のダッシュボード。コネクティビティーへの対応は、なんとハーマンとコラボレートしている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。