BMW M2クーペ(FR/6MT)/M2クーペ(FR/7AT)

主役は遅れてやってくる 2016.03.14 試乗記 「BMW 2シリーズ クーペ」をベースに、370psの3リッター・ストレート6ターボで武装した「M2クーペ」が公道に降り立った。このクルマこそ、われわれが待ち続けてきた「M3」の精神的な後継車といえるのではないだろうか。米国カリフォルニアからの第一報。

“程よいM3”が帰ってきた

これぞ待ち望んでいた、ボクらのMだ!

新型M2デビューの報にさいして、そんな喜びの声を上げた“クルマ運転好き”は、きっと多かったことだろう。かくいう、ボクもそう。そのスペック、そのサイズ、その仕様、まさに、大好きだったひと昔前のM3の、正統な後継車だと思わずにはいられなかった。

最近のMモデルたちには魅力がない、と言っているわけじゃない。M3&M4にしろ、それ以上のMにしろ、どんどん高性能化が進み、スーパースポーツ級のパフォーマンスを誇っている。それはそれで、進化の証しだ。けれども、その昔のM3(E36やE46)を知るような世代にとって、BMWのMとは、マニュアルトランスミッションで乗って楽しい、程よいパワーとサイズの官能的なFRスポーツ、であった。そういう意味では、昨今のMモデルはすべて、豪華で高性能過ぎる、のかもしれない。

だから、M2のスペックを見て、大いに喜んだ。メーカーの言う、「2002ターボ」やE30 M3の正統な後継車なんていうコジツケより、E36やE46のM3の現代版とみる方が、ずっとステキ。

2シリーズ クーペをベースに、M4用前後アクスルや、新設計の3リッター直噴Mツインパワーターボ、7段M DCTドライブロジックなどを盛り込んだ特別な2ドアクーペで、なんと、ボディーサイズはほぼ、「E46 3シリーズ クーペ」と同じなのである。

2016年1月のデトロイトショーで初公開された「BMW M2クーペ」。日本でも1月12日に予約受け付けが始まった(納車は5月予定)。日本仕様は7段ATの右ハンドルのみで、車両価格は770万円。
2016年1月のデトロイトショーで初公開された「BMW M2クーペ」。日本でも1月12日に予約受け付けが始まった(納車は5月予定)。日本仕様は7段ATの右ハンドルのみで、車両価格は770万円。
ボディーサイズは全長4475×全幅1855×全高1410mm(日本仕様)。2世代前のE46型「M3」に近いサイズだ。
ボディーサイズは全長4475×全幅1855×全高1410mm(日本仕様)。2世代前のE46型「M3」に近いサイズだ。
3リッターの直6ターボユニットは370psを発生する。日本仕様のカタログ燃費(JC08モード)は12.3km/リッター。
3リッターの直6ターボユニットは370psを発生する。日本仕様のカタログ燃費(JC08モード)は12.3km/リッター。
ボディーカラーは全4色。試乗車はメタリックカラーの「ロングビーチ・ブルー」。
ボディーカラーは全4色。試乗車はメタリックカラーの「ロングビーチ・ブルー」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M2クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW M235i クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2014.5.5 試乗記 車名も新たに、BMWのラインナップに加えられた「2シリーズ クーペ」。その走りは、どれほどのものなのか? 高性能バージョン「M235i」で確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る