メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)

“プラス90万円”の価値はある 2016.03.11 試乗記 新たな“オジサンの星”が登場? メルセデス・ベンツから新型クロスオーバーモデルの「GLC」がデビュー。その走りの実力を試すとともに、Dセグメント不動の人気モデル「Cクラス」とは一味違う、このクルマならではの魅力に触れた。

Dセグメントにおけるベンツの新しい選択肢

GLCは中年男子にとって、新しい“目標”になるだろう。

「Cクラス」は、Dセグメントの“テッパン・セダン”。なんだかんだ言っても、やはり上品なインテリアの質感、われら中年の“悲哀”を巧みに癒やす乗り心地、“メルセデス”というステータス性……。どこかひとつがトンがることはなく、レーダーチャートで満遍なく高得点を取るその実力に、大人になればなるほど、われわれはあらがえなくなっていく。だが、それだけに没個性となりやすいのも事実。「大枚はたいて手に入れたのに、まわりはCクラスだらけ」なんてことは珍しくない。

そんなとき、GLCは光を放つ。セダンでは少々やり過ぎな感じがした、なまめかしくうねるようなデザインは、SUVとして仕立て直されただけで一気にまとまりを見せる。

運転しても、その仕上がりは見事だ。この手のクロスオーバーSUVの利点は、ストローク長をたっぷり取ったサスペンションにあるが、GLCの乗り心地は硬すぎず柔らかすぎず、ドイツ車ならではの高いスタビリティーとSUVらしい緩さが絶妙にマッチしている。個人的には、セダン以上の上質感と、ステアリング操作に対する素直なロール感、そして軽快感を味わうことができた。

全高と全幅をそれぞれ1645mmと1890mmに拡大しながらも、全長は4660mmとセダンよりむしろ短く抑えている点も泣かせる。これはアプローチアングルとデパーチャーアングルを稼ぐためであり、実際、試乗路にあった泥んこ道や、軽いモーグルがついた林道も、GLCはザクザク走ってくれた。

一方で、2.5リッター直噴ターボ(211ps)と9段ATについては少し不満を感じた。強くアクセルを踏み込んだときにはピッチングが発生するし、高回転域を多用するシーンでのギア選択にもやや難がある。いつまでも低いギアをホールドしてしまったり、変速のタイミングがドライバーの意図からワンテンポ遅れたりするのだ。エンジンの特性というよりATとの協調に起因するところだが、ここらへんは同じドイツのライバルである「ポルシェ・マカン」(7段PDK)に一歩譲ると感じた。
もっとも、いまどきのATには“学習機能”が付いているので、もしかしたら筆者の前に乗ったジャーナリストの踏みぐせが大きく影響していたのかもしれない。

エンジン自体は1860kgの巨体を引っ張るだけのトルクを有しており、特に巡航中、そっと右アシに力を込めたときの追従性が素晴らしかった。オジサンはこうした性能に魅力を感じるのだ。

このGLCを手に入れるには、セダンに対して90万円ほど余計なバジェットを用意しなければならない。だが、その価値はあると思う。そもそも745万円からという価格自体、相当ハードルが高いのだが、これを手に入れたらあなたは仲間内のヒーローだ。お金持ちがサクッと買うよりも、一生懸命手に入れて宝物にしてほしい。

(文=山田弘樹/写真=郡大二郎)

【スペック】
全長×全幅×全高=4670×1890×1645mm/ホイールベース=2875mm/車重=1860kg/駆動方式=4WD/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(211ps/5500rpm、35.7kgm/1200-4000rpm)/トランスミッション=9AT/燃費=13.4km/リッター/価格=745万円
 

インストゥルメントパネルまわりの意匠は、おおむね「Cクラス」に準拠。従来モデルの「GLK」では左ハンドルしか選べなかったのに対し、「GLC」は右ハンドル仕様のみとなっている。
インストゥルメントパネルまわりの意匠は、おおむね「Cクラス」に準拠。従来モデルの「GLK」では左ハンドルしか選べなかったのに対し、「GLC」は右ハンドル仕様のみとなっている。
今のところ、エンジンの設定は2リッター直4ガソリンターボのみ。最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する。
今のところ、エンジンの設定は2リッター直4ガソリンターボのみ。最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する。
タイヤサイズは「250 4MATIC」が235/60R18、「250 4MATICスポーツ」が235/55R19となっている。
タイヤサイズは「250 4MATIC」が235/60R18、「250 4MATICスポーツ」が235/55R19となっている。
「GLC」にはアクティブレーンキーピングアシストやステアリングアシスト付きアダプティブクルーズコントロールなどからなる運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」が標準装備される。
「GLC」にはアクティブレーンキーピングアシストやステアリングアシスト付きアダプティブクルーズコントロールなどからなる運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」が標準装備される。
ボディーカラーは全8色。ただし、ソリッドカラーの「ポーラーホワイト」を除く7色については有償となる。
ボディーカラーは全8色。ただし、ソリッドカラーの「ポーラーホワイト」を除く7色については有償となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • メルセデス、「GLC」に367psの高性能モデルを設定 2016.9.9 自動車ニュース 「メルセデス・ベンツGLC」に、最高出力367psの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載した高性能モデル「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」が登場。0-100km/h加速は4.9秒(欧州仕様値)という動力性能を実現している。
  • メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.13 試乗記 好調なセールスを続けるメルセデスのラインナップに、新たな売れセンSUV「GLC」が加わった。「Cクラス」の“C”を冠した、注目モデルの出来栄えは? 下野康史がリポートする。
ホームへ戻る