MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)

MINIも“最新が最良” 2016.03.15 試乗記 個性的なスタイリングはそのままに、「MINIコンバーチブル」が3世代目にフルモデルチェンジ。最新のアーキテクチャーが採用された新型の走りやいかに? 上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、その実力を確かめた。

受け継いだところ、変わったところ

MINIのグローバル年間販売台数は今や軽く30万台以上と、ひと昔前ならボルボやランドローバーあたりと同規模に扱われるほどに成長している。「小さいけど高いクルマ」というプロファイルだけをみれば、客数は相当に限られそうなだけに、主にデザインからなるMINIのブランド力にあらためて驚かされる次第だ。

現在、MINIはその6つのボディーバリエーションのうち「3ドア」「5ドア」「クラブマン」の3つが、3世代目となる最新のアーキテクチャーを採用している。それに続いて今回完全刷新されたのが、このコンバーチブルというわけだ。
 
新しいコンバーチブルは例によって3ドアがベースとなっており、車寸も取り立てるほどの差異はない。すなわち、先代に対してはひと回り大きな全長・全幅を利して、室内の前後席間距離やトランク式のラゲッジスペースに体感できるほどの拡大をみている。スタイリングについては、ベルトラインに仕込まれたハイマウントストップランプからして位置が微動だにしないほど、徹底的にキープコンセプトが貫かれるが、後席のアクティブ・ロールオーバープロテクションが小型化されたことによりリアまわりがすっきりした印象になるなど、こちらも代々のユーザーであればすぐに感じ取れる違いが盛り込まれていた。

ちなみに、屋根には先代と同じく4層式のホロが採用されており、完全自動での開閉時間は18秒以内。30km/h以内であれば走行中の操作も可能で、ルーフ部のみをキャンバストップのようにスライド開閉できる機能も継承されている。そのホロ屋根の上部は、オプションでその全面をヘリンボーン織りのユニオンジャック柄とすることも可能だ。見る角度によって印象を違えるなどシックな仕上がりのそれは、日本では18インチホイールやレザーシートなども含めたセットオプションとしてクーパーS用に設定された。

インストゥルメントパネルまわりの意匠は、3ドア/5ドアモデルと共通。オープン走行時の快適性を高めるために「オープンモード付き2ゾーンオートエアコン」を装備している。
インストゥルメントパネルまわりの意匠は、3ドア/5ドアモデルと共通。オープン走行時の快適性を高めるために「オープンモード付き2ゾーンオートエアコン」を装備している。
「クーパーS」のフロントシートには、シートヒーターが標準装備される。
「クーパーS」のフロントシートには、シートヒーターが標準装備される。
後席については、乗員の肩まわりでの室内幅を約30mm、足元スペースの縦方向の長さを40mm拡大し、快適性を高めている。
後席については、乗員の肩まわりでの室内幅を約30mm、足元スペースの縦方向の長さを40mm拡大し、快適性を高めている。
ユニオンジャック仕様のソフトトップが採用された「MINIクーパーS コンバーチブル」。
ユニオンジャック仕様のソフトトップが採用された「MINIクーパーS コンバーチブル」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る