第119回:麻薬王が支配する国では日本車がモテモテ
『エスコバル/楽園の掟』

2016.03.11 エッセイ

麻薬戦争ピーク時のコロンビア

外務省の海外安全ホームページには、危険度によって色分けされた地図が掲載されている。中東から北アフリカにかけて真っ赤に塗られているところは、退避勧告が出されている危険度レベル4の国だ。それに次いで危険度が高いのが中米である。メキシコからブラジルにかけて、広大な地域が黄色からオレンジ色に塗られている。その中で最もヤバそうなのがコロンビアだ。国土の3分の1ほどがレベル3の渡航中止勧告指定地域である。

このあたりが危険とされているのは、コカインの生産地であることが理由だ。巨大な利権をめぐって抗争が繰り広げられ、旅行者もうっかりすると巻き込まれてしまう。『エスコバル/楽園の掟』は、そんな危ない場所が楽園だと勘違いしてやってきたカナダ人が大変な目に遭う話だ。同情はするけれど、少々のんきすぎる連中である。今よりはるかに治安の悪かった1980年代から90年代にかけてが舞台なのだ。

最近のコロンビアでは、年間の殺人被害者は1万5000人を切っている。90年代の半分以下だ。統計によると発生率は10万人あたり30.8人で、世界11位。近所でいうと1位のホンジュラス90.4人、2位のベネズエラ53.7人よりかなり安全ということになる。ちなみに日本は0.28人で、世界で最も安全な国の一つである。

映画が描くのは、コロンビアで麻薬戦争がピークを迎えていた時期だ。メデジン・カルテルと呼ばれる組織が強大な力を持ち、政府が必死で抑えこみを図っていた。しかし、彼らは行政や警察、軍隊にも入り込んでいる。汚職が横行していて、対決姿勢はなあなあになりがちだ。コカインの流入に苦しむアメリカが介入する事態になり、ひそかにデルタフォースが送り込まれたといわれている。

©2014 Chapter 2 – Orange Studio - Pathé Production – Norsean Plus S.L – Paradise Lost Film
A.I.E – Nexus Factory - Umedia – Jouror Developpement
©2014 Chapter 2 – Orange Studio - Pathé Production – Norsean Plus S.L – Paradise Lost Film
	A.I.E – Nexus Factory - Umedia – Jouror Developpement
 
第119回:麻薬王が支配する国では日本車がモテモテ『エスコバル/楽園の掟』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。