レクサスが都心で贅沢なアウトドアイベント開催

2016.03.13 自動車ニュース
「LEXUS CITY GLAMPING with snow peak」の会場に展示された「レクサスRX」(手前)と「LX」(奥)。
「LEXUS CITY GLAMPING with snow peak」の会場に展示された「レクサスRX」(手前)と「LX」(奥)。

レクサスが都心で贅沢なアウトドアイベント開催

レクサスは2016年3月13日、東京ミッドタウンにおいて「LEXUS CITY GLAMPING with snow peak(レクサス シティ グランピング ウィズ スノーピーク)」を開催した。

snow peakのテントと「NX」。
snow peakのテントと「NX」。
各々のテントには、レクサスのSUV各モデルをイメージしたというインテリアがしつらえられていた。
各々のテントには、レクサスのSUV各モデルをイメージしたというインテリアがしつらえられていた。

運転するのが大好きというマギーさん。会場に展示されたレクサス車の中でどれが一番お気に入りかを問われ「大きいクルマが好きなので『LX』」と回答。


	運転するのが大好きというマギーさん。会場に展示されたレクサス車の中でどれが一番お気に入りかを問われ「大きいクルマが好きなので『LX』」と回答。

トークショーにおいて、コーヒーの入れ方について学ぶモデルのマギーさん(写真右)。


	トークショーにおいて、コーヒーの入れ方について学ぶモデルのマギーさん(写真右)。

コーヒーを入れた後は、昼食会で提供されるオリジナルメニューを試食するマギーさん。写真右は、SUGALABOの須賀洋介氏。


	コーヒーを入れた後は、昼食会で提供されるオリジナルメニューを試食するマギーさん。写真右は、SUGALABOの須賀洋介氏。

■トークショーにはモデルのマギーさんも登場

イベント名にもあるグランピングとは“グラマラス”と“キャンピング”を組み合わせた造語で、高級ホテル並みのサービスとともにキャンプを楽しむぜいたくなアウトドアレジャーを指す。

今回のイベントは、レクサスが日本のアウトドア用品ブランドであるsnow peak(スノーピーク)とのコラボレーションにより開催したもので、本来であれば大自然の中で行うことの多いグランピングを東京・赤坂という都心で実施することにより「都心で、自然を楽しむスタイル」を提案。宿泊までは行われなかったものの、フレンチ・ラボラトリー「SUGALABO(スガラボ)」のオリジナルコースメニューが提供される昼食会には、20組40人の枠に対して約22倍の応募が集まったという。

また、メディア向けに開催されたトークセッションには、レクサスの沖野和雄氏、スノーピークの小杉 敬氏に加え、モデルのマギーさんが登場。アウトドアでのコーヒーの入れ方を学んだり、昼食会で振る舞われるメニューを試食したりして会場を盛り上げた。

(webCG)

→「LEXUS CITY GLAMPING with snow peak」の詳しい写真はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • レクサスRX200t“バージョンL”(FF/6AT)/RX450h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.16 試乗記 7年ぶりに一新された、高級クロスオーバーの売れ筋モデル「レクサスRX」。パワーユニットの異なる2車種に試乗して、その実力を確かめた。
  • レクサスNX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2014.10.13 試乗記 レクサス初のコンパクトSUV「NX」。“遅れてやってきた主役”の実力は? 注目の2リッター直4ダウンサイジング・ターボユニットを搭載する「200t」グレードの、“Fスポーツ”仕様に試乗した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る