新型メルセデス・ベンツCクラス クーペ、発売

2016.03.14 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+」(以下、写真はすべてC180クーペ スポーツ+)
「メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+」(以下、写真はすべてC180クーペ スポーツ+)

新型「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年3月14日、「Cクラス クーペ」の新型を発表。同日、販売を開始した。

 
新型メルセデス・ベンツCクラス クーペ、発売の画像
シングルルーバー付きのグリルを持つ、新型「Cクラス クーペ」のフロントまわり。
シングルルーバー付きのグリルを持つ、新型「Cクラス クーペ」のフロントまわり。
インテリアの様子。
インテリアの様子。

■より美しく、よりスポーティーに

2015年夏にドイツで発表された新型Cクラス クーペが、日本でも発売された。新型Cクラス クーペは「W205」と呼ばれる現行型Cクラスをベースとしながら、Aピラー以降のボディーが専用設計になっている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4705×1810×1405mm。先代に比べて全長は65mm、全幅は30mm拡大された。ホイールベースも80mm延長され、Cクラス セダンと同じ2840mmになった。

エクステリアは、フロントマスクをひと目でCクラスファミリーの一員とわかるデザインとしながら、シングルルーバーが備わるダイヤモンドラジエーターグリルを採用することでスポーティーさと優雅さを強調。LEDハイパフォーマンスヘッドライトが全車標準装着となる。

サイドビューでは、先代がサッシュ付きドアを採用していたのに対し、新型はサッシュレスドアとしたことに加えて、高めのベルトラインや天地に薄くなったグラスエリアなどにより、従来以上にシャープな印象を与えている。セダンと異なり、サイドミラーをAピラーの付け根ではなくドアパネルに配置したのも特徴のひとつだ。

リアまわりは、グラマラスなバンパーや横長のテールライトなどにより「Sクラス クーペ」を想起させる堂々たるデザインとなった。さらに日本仕様は、より精悍(せいかん)なスタイリングを実現する「AMGライン」が採用されている。

日本仕様の「Cクラス クーペ」は、全て右ハンドルとなる。
日本仕様の「Cクラス クーペ」は、全て右ハンドルとなる。
定員2人のリアシート。写真はオプション「レザーエクスクルーシブパッケージ」装着車のもの。
定員2人のリアシート。写真はオプション「レザーエクスクルーシブパッケージ」装着車のもの。
1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジン。1200rpmの低回転域から25.5kgmの最大トルクを発生する。
1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジン。1200rpmの低回転域から25.5kgmの最大トルクを発生する。
新型「Cクラス クーペ」お披露目の場には、Hanae Mori manuscritのデザイナーである天津 憂氏と、その作品をまとったファッションモデル(写真)も登場。発表会に華を添えた。
新型「Cクラス クーペ」お披露目の場には、Hanae Mori manuscritのデザイナーである天津 憂氏と、その作品をまとったファッションモデル(写真)も登場。発表会に華を添えた。

■運転支援システムも充実

インテリアは、セダンのデザインを受け継ぎながら、クーペ専用のスポーツシートやリアのサイドパネルなどの採用でスポーティーな雰囲気を強めている。ラゲッジスペースは通常時で400リッター、分割可倒式リアシート(40:20:40)を倒せばさらに荷室を拡大することができる。

エンジンは、最高出力156ps、最大トルク25.5kgmを発生する1.6リッター直列4気筒直噴ターボ。これに7段オートマチックの「7Gトロニックプラス」が組み合わされ、後輪を駆動する。サスペンションはセダン同様、フロント:4リンク式、リア:5リンク式を採用。用意された5つのモードから、好みにあったスロットル特性やシフトスケジュール、ステアリング特性などが選べる「ダイナミックセレクト」が標準装着となる。

安全装備もCクラス セダンと同レベルで、「レーダーセーフティパッケージ」を含む「インテリジェントドライブ」を標準装備。ステアリングアシスト機能付きのレーダークルーズコントロール「ディストロニック・プラス」や歩行者検知機能の付いたブレーキアシストの「BASプラス」、自動ブレーキシステム「PRE-SAFEブレーキ」、後続車に追突の可能性を警告する「リアCPA」、車線逸脱を防ぐ「アクティブレーンキーピングアシスト」、車線変更時に後続車の存在を確認し危険を知らせる「アクティブブラインドスポットアシスト」などが与えられる。

Cクラス クーペのラインナップと価格は以下の通り。ハンドルの位置は、ともに右のみとなる。

・C180クーペ スポーツ:547万円
・C180クーペ スポーツ+:585万円

(文=生方 聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る