新型メルセデス・ベンツCクラス クーペ、発売

2016.03.14 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+」(以下、写真はすべてC180クーペ スポーツ+)
「メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+」(以下、写真はすべてC180クーペ スポーツ+)

新型「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年3月14日、「Cクラス クーペ」の新型を発表。同日、販売を開始した。

 
新型メルセデス・ベンツCクラス クーペ、発売の画像
シングルルーバー付きのグリルを持つ、新型「Cクラス クーペ」のフロントまわり。
シングルルーバー付きのグリルを持つ、新型「Cクラス クーペ」のフロントまわり。
インテリアの様子。
インテリアの様子。

■より美しく、よりスポーティーに

2015年夏にドイツで発表された新型Cクラス クーペが、日本でも発売された。新型Cクラス クーペは「W205」と呼ばれる現行型Cクラスをベースとしながら、Aピラー以降のボディーが専用設計になっている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4705×1810×1405mm。先代に比べて全長は65mm、全幅は30mm拡大された。ホイールベースも80mm延長され、Cクラス セダンと同じ2840mmになった。

エクステリアは、フロントマスクをひと目でCクラスファミリーの一員とわかるデザインとしながら、シングルルーバーが備わるダイヤモンドラジエーターグリルを採用することでスポーティーさと優雅さを強調。LEDハイパフォーマンスヘッドライトが全車標準装着となる。

サイドビューでは、先代がサッシュ付きドアを採用していたのに対し、新型はサッシュレスドアとしたことに加えて、高めのベルトラインや天地に薄くなったグラスエリアなどにより、従来以上にシャープな印象を与えている。セダンと異なり、サイドミラーをAピラーの付け根ではなくドアパネルに配置したのも特徴のひとつだ。

リアまわりは、グラマラスなバンパーや横長のテールライトなどにより「Sクラス クーペ」を想起させる堂々たるデザインとなった。さらに日本仕様は、より精悍(せいかん)なスタイリングを実現する「AMGライン」が採用されている。

日本仕様の「Cクラス クーペ」は、全て右ハンドルとなる。
日本仕様の「Cクラス クーペ」は、全て右ハンドルとなる。
定員2人のリアシート。写真はオプション「レザーエクスクルーシブパッケージ」装着車のもの。
定員2人のリアシート。写真はオプション「レザーエクスクルーシブパッケージ」装着車のもの。
1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジン。1200rpmの低回転域から25.5kgmの最大トルクを発生する。
1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジン。1200rpmの低回転域から25.5kgmの最大トルクを発生する。
新型「Cクラス クーペ」お披露目の場には、Hanae Mori manuscritのデザイナーである天津 憂氏と、その作品をまとったファッションモデル(写真)も登場。発表会に華を添えた。
新型「Cクラス クーペ」お披露目の場には、Hanae Mori manuscritのデザイナーである天津 憂氏と、その作品をまとったファッションモデル(写真)も登場。発表会に華を添えた。

■運転支援システムも充実

インテリアは、セダンのデザインを受け継ぎながら、クーペ専用のスポーツシートやリアのサイドパネルなどの採用でスポーティーな雰囲気を強めている。ラゲッジスペースは通常時で400リッター、分割可倒式リアシート(40:20:40)を倒せばさらに荷室を拡大することができる。

エンジンは、最高出力156ps、最大トルク25.5kgmを発生する1.6リッター直列4気筒直噴ターボ。これに7段オートマチックの「7Gトロニックプラス」が組み合わされ、後輪を駆動する。サスペンションはセダン同様、フロント:4リンク式、リア:5リンク式を採用。用意された5つのモードから、好みにあったスロットル特性やシフトスケジュール、ステアリング特性などが選べる「ダイナミックセレクト」が標準装着となる。

安全装備もCクラス セダンと同レベルで、「レーダーセーフティパッケージ」を含む「インテリジェントドライブ」を標準装備。ステアリングアシスト機能付きのレーダークルーズコントロール「ディストロニック・プラス」や歩行者検知機能の付いたブレーキアシストの「BASプラス」、自動ブレーキシステム「PRE-SAFEブレーキ」、後続車に追突の可能性を警告する「リアCPA」、車線逸脱を防ぐ「アクティブレーンキーピングアシスト」、車線変更時に後続車の存在を確認し危険を知らせる「アクティブブラインドスポットアシスト」などが与えられる。

Cクラス クーペのラインナップと価格は以下の通り。ハンドルの位置は、ともに右のみとなる。

・C180クーペ スポーツ:547万円
・C180クーペ スポーツ+:585万円

(文=生方 聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る