BMW X4 M40i(4WD/8AT)

オールマイティーなスポーツカー 2016.03.17 試乗記 BMWのクロスオーバーモデル「X4」に、“M”の名を冠するハイパフォーマンスバージョン「M40i」が登場。特別仕立てのエンジンや足まわりがもたらす、走りっぷりを報告する。

予想をはるかに超える出来

正直言って、乗る前は、さほど気にかけていなかった。きっと良いクルマなのだろうけれど、さりとて格別というほどのことでもないだろう。X4 M40iの試乗会は、“期待の”「M2クーペ」試乗会と共催だったこともあって、「もののついでに乗っといたろ」くらいの軽~い気持ちで、ラグナセカ周辺のカントリーロードへと連れだした。

結論から言うと、おみそれしました! これがもう、予想をはるかに上回る、格別な、高性能かつ実用的なコンパクトSUVだった。「これなら毎日でも乗っていたい」と、心からそう思った。

X4 M40iは、M社が手がけたMパフォーマンスオートモビルだ。Mパフォーマンスとは、BMWのラインナップでいうところのMスポーツと、BMW M社のMモデルとの間を埋める、高性能版拡販モデルのこと。日本市場にも既に「M135i」や「M235iクーペ」が導入されており、ヨーロッパではディーゼルモデルなども設定されている。

MモデルとMパフォーマンスの違いは、パワートレインやアクスルまわりをどこまで専用設計とするかによる。Mパフォーマンスモデルは、M社がベースモデルのメカニズムを最大限に活用して作り上げる高性能グレードだと思っていい。

「BMW X4 M40i」は、2016年1月のデトロイトモーターショーでデビュー。同年2月には、日本市場でもデリバリーが開始された。
「BMW X4 M40i」は、2016年1月のデトロイトモーターショーでデビュー。同年2月には、日本市場でもデリバリーが開始された。
優れた走行性能がうたわれる「X4 M40i」。ミリ波レーダーセンサーとカメラを使った運転支援システムや、緊急時のエマージェンシーサービスなどもセリングポイントとなっている。
優れた走行性能がうたわれる「X4 M40i」。ミリ波レーダーセンサーとカメラを使った運転支援システムや、緊急時のエマージェンシーサービスなどもセリングポイントとなっている。
リアエンブレム。高性能モデルであることを示す、トリコロールの“M”が添えられる。
リアエンブレム。高性能モデルであることを示す、トリコロールの“M”が添えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「BMW X1」にディーゼルエンジン搭載の新グレード 2016.9.23 自動車ニュース BMWがコンパクトSUV「X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した新グレード「xDrive18d」を設定。エンジンは2リッターの直4ディーゼルターボで、アイドリングストップ機構などとも相まって19.6km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
  • BMW 218dアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 「BMW 218dアクティブツアラー」に2リッターディーゼルターボ搭載車が加わった。新世代クリーンディーゼルエンジンを得て、アクティブツアラーはどんな魅力を手に入れたのだろうか。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る