BMW X4 M40i(4WD/8AT)

オールマイティーなスポーツカー 2016.03.17 試乗記 BMWのクロスオーバーモデル「X4」に、“M”の名を冠するハイパフォーマンスバージョン「M40i」が登場。特別仕立てのエンジンや足まわりがもたらす、走りっぷりを報告する。

予想をはるかに超える出来

正直言って、乗る前は、さほど気にかけていなかった。きっと良いクルマなのだろうけれど、さりとて格別というほどのことでもないだろう。X4 M40iの試乗会は、“期待の”「M2クーペ」試乗会と共催だったこともあって、「もののついでに乗っといたろ」くらいの軽~い気持ちで、ラグナセカ周辺のカントリーロードへと連れだした。

結論から言うと、おみそれしました! これがもう、予想をはるかに上回る、格別な、高性能かつ実用的なコンパクトSUVだった。「これなら毎日でも乗っていたい」と、心からそう思った。

X4 M40iは、M社が手がけたMパフォーマンスオートモビルだ。Mパフォーマンスとは、BMWのラインナップでいうところのMスポーツと、BMW M社のMモデルとの間を埋める、高性能版拡販モデルのこと。日本市場にも既に「M135i」や「M235iクーペ」が導入されており、ヨーロッパではディーゼルモデルなども設定されている。

MモデルとMパフォーマンスの違いは、パワートレインやアクスルまわりをどこまで専用設計とするかによる。Mパフォーマンスモデルは、M社がベースモデルのメカニズムを最大限に活用して作り上げる高性能グレードだと思っていい。

「BMW X4 M40i」は、2016年1月のデトロイトモーターショーでデビュー。同年2月には、日本市場でもデリバリーが開始された。
「BMW X4 M40i」は、2016年1月のデトロイトモーターショーでデビュー。同年2月には、日本市場でもデリバリーが開始された。
優れた走行性能がうたわれる「X4 M40i」。ミリ波レーダーセンサーとカメラを使った運転支援システムや、緊急時のエマージェンシーサービスなどもセリングポイントとなっている。
優れた走行性能がうたわれる「X4 M40i」。ミリ波レーダーセンサーとカメラを使った運転支援システムや、緊急時のエマージェンシーサービスなどもセリングポイントとなっている。
リアエンブレム。高性能モデルであることを示す、トリコロールの“M”が添えられる。
リアエンブレム。高性能モデルであることを示す、トリコロールの“M”が添えられる。
関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「BMW X1」にディーゼルエンジン搭載の新グレード 2016.9.23 自動車ニュース BMWがコンパクトSUV「X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した新グレード「xDrive18d」を設定。エンジンは2リッターの直4ディーゼルターボで、アイドリングストップ機構などとも相まって19.6km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る