アキュラNSX(4WD/9AT)

新しい世界へ 2016.03.15 試乗記 3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載した、新型「ホンダ/アキュラNSX」にアメリカで試乗。11年ぶりの復活を間近に控えたホンダのスーパースポーツモデルの実力を、サーキットとワインディングロードで試した。

紆余曲折の果てにたどり着いた形

2003年に登場したコンセプトカー「HSC」はミドシップ、そして2007年に登場した「アキュラ・アドバンスド・スポーツカーコンセプト」はFR。その発表直後からニュルを走り始めた試作車はV10を搭載していると目されたが、リーマンショックからの急速なリセッションを前に開発は凍結。その開発資産は「HSV-010」としてSUPER GTに反映され、一方でニュルを再び走り始めたのはミドシップ……と、この新しいNSXにたどり着くまでの紆余(うよ)曲折を振り返ると、ざっくり12年の月日が流れている。より具体的に、初代のそれが販売終了してからの月日でみても10年超。人間の尺度に当てはめれば、ランドセルを背負ってから高校卒業するまでの時間、ホンダの中には絶えることなく、このクルマの誕生を夢みていた人がいたわけだ。そう考えると目の前に置かれた赤い体躯(たいく)が訴えるものがズシンとこちらにのしかかってくる。

一方で、12年の時はそのコンセプトやメカニズムに対して残酷に老いを告げる。もはや速さのために無尽蔵に油を燃やすスポーツカーは、フェラーリですら選択肢にない。ましてやホンダの社史や社会的責任を鑑みれば、新しいNSXにはそれを踏まえた新しい価値観が備わっていることがマストになる。

それがゆえのハイブリッド。そして他を圧する優位としての“エレクトリック・ベクタリング”。紆余曲折からのコンセプトの収束、そこから約4年の月日が投じられたこのクルマが果たして何をみせてくれるのか。既視感バリバリのスタイリングを前にして、僕の興味は早くもそこに向かっていた。

3つのモーターからなるハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載した新型「NSX」。北米ではアキュラブランドで販売される。
3つのモーターからなるハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載した新型「NSX」。北米ではアキュラブランドで販売される。
「NSX」のインストゥルメントパネルまわり。北米仕様には「エボニー」や「レッド」など、4種類のインテリアカラーが用意されている。
「NSX」のインストゥルメントパネルまわり。北米仕様には「エボニー」や「レッド」など、4種類のインテリアカラーが用意されている。
ルーフパネルはアルミ製が標準で、オプションでカーボンファイバー製のものも用意される。
ルーフパネルはアルミ製が標準で、オプションでカーボンファイバー製のものも用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NSXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 第3回:“人車一体”が味わえる!
    「CTSセダン」街乗りインプレッション
    2017.3.3 特集 キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。
ホームへ戻る