第441回:大矢アキオのジュネーブショー2016
魅惑の用品館にようこそ!

2016.03.18 エッセイ

ルマンの技術者が作った個性派EV

第86回ジュネーブモーターショーが2016年3月13日に閉幕した。会期中の入場者数は68万7000人で、前年比0.7%の微増だった。

なお、早くも2017年のプレスデー(報道関係者公開日)のホテル争奪戦は始まっているようで、今ホテルの予約サイトを見ると、格安宿から「満室」マークがともり始めている。

さて、今回のプレスデー初日でのことだ。

会場到着後、オフィシャルガイドのページをめくっていると、ユーモラスなフロントマスクを持つクルマに目がとまった。その姿、まるで映画『カーズ』に出てきそうである。ご縁があったのだろう。スバルのブースの真正面。その小さなスタンドは、すぐに見つかった。写真を撮っていると、気さくなスタッフに声をかけられた。

そのクルマ、名前を「Bee Bee(ビービー)」という。20kWのモーターを搭載するEVで、航続距離は90kmから110km。サイドビューもそれなりにファニーだ。クルマに関心がない人が描いた絵のごとく、面積比が大きく異なる前後ドアを備えている。車両の周囲には、イメージを盛り上げるべく砂が敷かれていて、砂浜遊びグッズが置かれている。なお、インテリアは完全な防水仕様になっているので、水洗いも可能である。

ベース価格は2万7480ユーロ(約348万円)だが、フランスでは、政府のエコ奨励金が適用されると2万1180ユーロ(268万円)になる。目標生産台数は年間500台だ。

こういってはなんだが、ボクのジュネーブ通い13年の間に、いったい何社が出展1回限りで消えていっただろうか。それらは、出資者の趣味の領域を出ないもの、場合によっては自治体などの地域産業奨励金目当ての、いわば“きっかけづくり”が大半であった。ビービーも、まだ生まれたばかりである。だが聞いてみると、製造するのはルマンカーや各種フォーミュラカーのエンジニアリングを四半世紀にわたり手がけてきた、「ベータ・エプシロン」という実績ある企業であった。

彼らが定めるライバルは明確だ。ずばりビーチカーである。フランス領の離島やイタリアのカプリ、エルバといった避暑地では、古い「シトロエン・メアリ」や「ルノー・ロデオ」といった往年のビーチカーが今も直し直し使われている。乗用だけでなく、レンタカーとしても用いられていて、ボクもつい借りたくなってしまったことがある。

しかし生産終了後メアリは28年、ロデオも29年が経過している。レジャーカーの“高齢化”が進んでいるのだ。マーケティング次第では、シトロエンが展示した「E-メアリ」とともに、市場は十分にあるとボクはみている。また、地中海沿岸の国々には「海辺の別荘に保管しておく自動車」に対する需要があることも無視できない。E-メアリもこのあたりを狙っているわけだが、働き詰めの日本メーカーの社員には想像するのが難しいマーケットである。

ボクが集合写真を撮りたいというと、声をかけあって、幹部も撮影に応じてくれた。大メーカーにはない、まごころ対応がうれしかった。

リゾート用EV「ビービー」。
リゾート用EV「ビービー」。
「マツダRX-8」の観音開きのドア以上に、前後ドアの面積が違う。
「マツダRX-8」の観音開きのドア以上に、前後ドアの面積が違う。
ウオータープルーフのキャビン。フローリングを模したフロアマットがイカす。
ウオータープルーフのキャビン。フローリングを模したフロアマットがイカす。
防水性を考慮したスイッチ類。
防水性を考慮したスイッチ類。
「ビービー」の開発に携わるベータ・エプシロン社のみなさん。左から2番目は開発主任のフィリップ・ルー氏。ゴルフ場でカートとして使用するときは、ドアなしでも可。
「ビービー」の開発に携わるベータ・エプシロン社のみなさん。左から2番目は開発主任のフィリップ・ルー氏。ゴルフ場でカートとして使用するときは、ドアなしでも可。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。