ランボが日本専用カスタマイズのウラカンを披露

2016.03.15 自動車ニュース
アド・ペルソナムによるカスタマイズが施された、「ウラカンLP640-4」。
アド・ペルソナムによるカスタマイズが施された、「ウラカンLP640-4」。

日本専用のドレスアップが施された「ランボルギーニ・ウラカン」初披露

ランボルギーニ・ジャパンは2016年3月15日、ランボルギーニ車のカスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」の概要を説明するとともに、同プログラムを用いて日本市場向けに制作した「ウラカンLP640-4」を披露した。

アド・ペルソナムについて説明する、担当マネージャーのヴィットリオ・ガッパ氏。
アド・ペルソナムについて説明する、担当マネージャーのヴィットリオ・ガッパ氏。
ホワイトとブラックのツートンカラーと、レッドのアクセントが目を引く、“アド・ペルソナム車”のインテリア。
ホワイトとブラックのツートンカラーと、レッドのアクセントが目を引く、“アド・ペルソナム車”のインテリア。
2012年に12%だったアド・ペルソナムの利用率は年々上昇。2015年は、40%に達している。
2012年に12%だったアド・ペルソナムの利用率は年々上昇。2015年は、40%に達している。
この日披露された「ウラカン」のデモカーは、マットホワイトのボディーカラーとレッドラインが特徴。国内各地で展示された後は、販売される予定とのこと。
この日披露された「ウラカン」のデモカーは、マットホワイトのボディーカラーとレッドラインが特徴。国内各地で展示された後は、販売される予定とのこと。

ランボルギーニのアド・ペルソナムは、標準仕様には含まれないカラーリングや、素材、オプションパーツを使って、オーナーの好みに応じた個性的なカスタマイズを実現するプログラム。サービスとしては2006年に始められ、2013年には専属の開発チームも発足、その後3年間でボディーカラーを31色追加するなど、内容の充実が図られてきた。

ランボルギーニによれば、このアド・ペルソナムを最も多く利用しているのは、全オーダーの42%を占めるアメリカ市場のユーザー。中東では明るい色が好まれ、日本やシンガポールでは細部に至るまでカスタマイズの内容が決められる傾向にあるなど、地域ごとに特徴があるという。

モデル別のアド・ペルソナム利用率では、現在のフラッグシップモデル「アヴェンタドール」が1位。「ただし、2014年にウラカンが発売されて以降は、最量販モデルとなる同車を対象としたアド・ペルソナムの開発に注力している」とは、アド・ペルソナムの担当マネージャー、ヴィットリオ・ガッパ氏の弁である。

会場では、マットホワイトのボディーカラーやホワイトの革内装など“日本専用のカスタマイズ”が施されたウラカンLP640-4も披露され、発表会に華を添えた。

(webCG)

関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
ホームへ戻る