ロールス・ロイス・ドーン、日本上陸

2016.03.16 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ドーン」
「ロールス・ロイス・ドーン」

ロールス・ロイスの新型コンバーチブル「ドーン」日本上陸

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2016年3月16日、2ドア4シーターの新型コンバーチブル「ロールス・ロイス・ドーン」の展示を行った。

リアビュー。写真は、ルーフを閉じた状態のもの。
リアビュー。写真は、ルーフを閉じた状態のもの。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルのデザインは、クーペの「レイス」と変わらない。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルのデザインは、クーペの「レイス」と変わらない。
リアシートは、独立式の2座席。
リアシートは、独立式の2座席。
トランクルーム。ルーフを閉じた場合(写真)、フルサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。
トランクルーム。ルーフを閉じた場合(写真)、フルサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。
 
ロールス・ロイス・ドーン、日本上陸の画像

ロールス・ロイスのドーンは、クーペの「レイス」をベースとする、4人乗りの高級オープンカーだ。レイスと同じ、リアヒンジで前方が開閉する個性的なドアを持つ。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=5295×1945×1500mmで、ホイールベースが3110mm。車重はレイスに比べ210kg増しの2640kgとなっている。

電動開閉式のソフトトップは、特別なエンジニアリングにより室内の優れた静粛性とクローズ時の美しさを実現したとうたわれるもの。全開の状態から全閉までに要する時間は20秒程度で、50km/h以下であれば走行中でも開閉できる。

長いノーズには、ツインターボで過給される6.6リッターV12エンジンが搭載される。基本的にレイスと同じパワーユニットではあるものの、最高出力と最大トルクは、レイスの632ps/5600rpm、81.6kgm/1500-5500rpmに対して、570ps/5250rpmと79.6kgm/1500-5000rpmに抑えられる。0-100km/h加速に要する時間は、4.9秒。最高速度は、リミッターで250km/hに制限されている。

インフォテインメントシステムや運転支援システムもセリングポイントのひとつ。10.25インチディスプレイやタッチパッド付きのコントローラー、熱源感知システム付きのヘッドアップディスプレイ、オートマチックハイビームなどが備わる。

価格は、レイスよりも357万円高の3740万円。受注は2016年1月に始まっており、同年の第2四半期(4~6月)にはデリバリーが開始される。

(webCG)

関連キーワード:
ドーンロールス・ロイスロールスロイス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表 2017.7.28 自動車ニュース 英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンである。約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。
  • ロールス・ロイス・ファントム・クーペ(FR/6AT)【海外試乗記】 2008.11.6 試乗記 ロールス・ロイス・ファントム・クーペ(FR/6AT)
    ……4998.0万円

    庶民には縁遠い存在のロールス・ロイスだが、「ファントム・クーペ」に乗り込んだ『CG』大谷達也は、試乗しているうちに親しみが湧いてきたという。その理由とは?

    『CG』2008年9月号から転載。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.10.5 試乗記