ロールス・ロイス・ドーン、日本上陸

2016.03.16 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ドーン」
「ロールス・ロイス・ドーン」 拡大

ロールス・ロイスの新型コンバーチブル「ドーン」日本上陸

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2016年3月16日、2ドア4シーターの新型コンバーチブル「ロールス・ロイス・ドーン」の展示を行った。

リアビュー。写真は、ルーフを閉じた状態のもの。
リアビュー。写真は、ルーフを閉じた状態のもの。 拡大
インテリアの様子。インストゥルメントパネルのデザインは、クーペの「レイス」と変わらない。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルのデザインは、クーペの「レイス」と変わらない。 拡大
リアシートは、独立式の2座席。
リアシートは、独立式の2座席。 拡大
トランクルーム。ルーフを閉じた場合(写真)、フルサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。
トランクルーム。ルーフを閉じた場合(写真)、フルサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。 拡大
 
ロールス・ロイス・ドーン、日本上陸の画像 拡大

ロールス・ロイスのドーンは、クーペの「レイス」をベースとする、4人乗りの高級オープンカーだ。レイスと同じ、リアヒンジで前方が開閉する個性的なドアを持つ。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=5295×1945×1500mmで、ホイールベースが3110mm。車重はレイスに比べ210kg増しの2640kgとなっている。

電動開閉式のソフトトップは、特別なエンジニアリングにより室内の優れた静粛性とクローズ時の美しさを実現したとうたわれるもの。全開の状態から全閉までに要する時間は20秒程度で、50km/h以下であれば走行中でも開閉できる。

長いノーズには、ツインターボで過給される6.6リッターV12エンジンが搭載される。基本的にレイスと同じパワーユニットではあるものの、最高出力と最大トルクは、レイスの632ps/5600rpm、81.6kgm/1500-5500rpmに対して、570ps/5250rpmと79.6kgm/1500-5000rpmに抑えられる。0-100km/h加速に要する時間は、4.9秒。最高速度は、リミッターで250km/hに制限されている。

インフォテインメントシステムや運転支援システムもセリングポイントのひとつ。10.25インチディスプレイやタッチパッド付きのコントローラー、熱源感知システム付きのヘッドアップディスプレイ、オートマチックハイビームなどが備わる。

価格は、レイスよりも357万円高の3740万円。受注は2016年1月に始まっており、同年の第2四半期(4~6月)にはデリバリーが開始される。

(webCG)

関連キーワード:
ドーンロールス・ロイスロールスロイス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る