プジョー208GTi by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)

“武闘派”じゃなくても 2016.03.21 試乗記 プジョーのBセグメントホットハッチ「208GTi」に、同社のモータースポーツ部門が鍛えた「by PEUGEOT SPORT」が登場。“実戦”のノウハウが投入されて、208GTiのフットワークはどう変わったか? 専用チューンの足まわりがかなえた走りをリポートする。

プジョーのモータースポーツ部門が鍛えたGTi

プジョー広報部のあるフロアで簡単なレクチャーを受け、1階の駐車場に案内される。エッ、銀色なの!? ボディー後部だけを赤に塗り分けた派手な黒/赤ツートーンを期待していたので、ガッカリした。すぐペースカーに使えそうなイメージカラー“クープフランシュ”はまだ導入されていないという。

だが、試乗車の「アイス・シルバー」もタダモノではない。スゴみのあるつや消しのグレーである。先代「スマート・ブラバス」に一時、つや消し塗装があった。コンパクトクラスではそれ以来ではないだろうか。
208GTi by PEUGEOT SPORT。昨年のフェイスリフトで新設されたこのモデルは、プジョーのモータースポーツ部門、プジョースポールがプロデュースする208GTiである。

200psから車名と同じ208psに微増した1.6リッター4気筒ターボはストックのままだが、トルセンLSDを組み込み、サスペンションやブレーキをGTiよりさらに強化した。ミュールーズ工場でライン生産されるのは同じだが、プジョースポールのテイストに染まったとっておきのGTiである。

右側のドアを開けたら、ステアリングがなかった。運転席は左側。右ハンドルは生産されていない。「ルノー・ルーテシア」の「ルノースポール」は2ペダルのデュアルクラッチ変速機だが、208GTiは6段MT。左ハンドル/マニュアルの“本国仕様”で乗れるのもGTiスポールの“引き”になるだろう。

「GTi by PEUGEOT SPORT」は、プジョーのモータースポーツ部門である「プジョースポール」がチューニングを手がけた、GTiのさらなる高性能モデルである。
「GTi by PEUGEOT SPORT」は、プジョーのモータースポーツ部門である「プジョースポール」がチューニングを手がけた、GTiのさらなる高性能モデルである。
黒を基調に、各所にアクセントとして赤が用いられたインテリア。ハンドル位置は左のみとなっている。
黒を基調に、各所にアクセントとして赤が用いられたインテリア。ハンドル位置は左のみとなっている。
専用チューニングのサスペンションにより、全高は1460mmと、「GTi」より10mm低められている。
専用チューニングのサスペンションにより、全高は1460mmと、「GTi」より10mm低められている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る