第17回:ファミリーカーとしての実力は?
フォーカスで週末ドライブに出掛けた

2016.03.18 特集
「フォーカス」でファミリードライブに出掛けました。行き先は江ノ島です。

「フォード・フォーカス」はドライバーに運転する楽しさを教えてくれるクルマだ。では、視点をがらりと変えて、家族でドライブに出掛けたら、どんな思い出を残してくれるだろうか。都内から江ノ島まで、週末ドライブに出掛けてみた。

自宅マンションの車寄せにて。助手席の横に立っているのが2歳の息子です。
「フォーカス」のラゲッジルームは愛用するストローラーを収納するのにぴったり。
「FOCUS」の文字を見て、「これ何て読むの?」と娘。英語表記が彼女にとってのブームなんです。
陽気が良くなってきたためか、週末の江ノ島はにぎわっていました。焼きたてのみたらし団子を食べたり……。
おなじみの“たこせん”を食べたり……。
階段で江ノ島の頂上へ。名物の「江ノ島エスカー」(46mの高低差を4連で結ぶ、全長106mの屋外エスカレーターです)は使いませんでした。そのせいで、足はガクガク、ブルブル状態に。
「フォーカス」はファミリカーとしての実力もなかなかのもの。家族にいい思い出を残してくれました。

わが家にフォーカスがやってきた!

週末にフォーカスでどこに行こうか? ドライブの計画は家族全員で話し合って立てました。わが家には5歳の娘と2歳の息子がいまして、2人ともクルマが大好き。「パパどんなクルマなの?」「何色?」「なんていうクルマ?」と、そんな話で盛り上がるわが家です。行き先はいくつか候補が出ましたが、江ノ島に決定しました。

朝、フォーカスを自宅マンションのクルマ寄せに止めて、お披露目すれば、「うわー」「かっこいい」とこどもたち。普段、わが家はSUVに乗っていて、運転席と後部座席の距離がそれなりに遠いのですが、それに比べるとフォーカスは近く、そのおかげで室内での家族の距離が縮まって、こどもたちは出発時からはしゃいでいました。

振り返れば、昨年末にフォーカスが編集部にやってきてから、乗るのはいつも街中で、その限りでは「加速力のあるクルマだな」という印象でした。それが今回、江ノ島に向かう途中の高速道路(第三京浜)で、フォーカスの走りの楽しさをも知ることになりました。地を這(は)うような走りが楽しめる! と正直、感じました。上述のとおり、普段はSUVに乗っているので、そのような走りは楽しめないのですが、以前乗っていた「BMW 3シリーズ」の楽しさに似た感覚があり、あの時を思い出しました。

ところで娘は普段、私の運転が荒いせいなのか、それともクルマの匂いが嫌なのか、車酔いがたびたびあるのですが、フォーカスではそれが一切ありませんでした。安定した走りが楽しめるのも、フォーカスの魅力とも言えるのではないでしょうか。

走りを楽しんでいると、あっという間に江ノ島に到着しました。最近、テレビで取り上げられているだけあって、江ノ島はかなりの観光客でにぎわっており、駐車場も一番奥まで行かないと空いていない状況。駐車場に止めて、フォーカスからベビーカーを取り出したときに娘が「FOCUS」の文字を見て、「これ何て読むの?」と聞いてきました。娘は幼稚園で英語を学んでいて、英語表記が彼女にとってブームなので……。

江ノ島では焼きたてのみたらし団子を食べたり、おなじみの“たこせん”を食べたりしながら頂上を目指しました。「江の島エスカー」を使わず、数百段の階段を上って行ったため夕方には足がガクガク、ブルブル状態でしたが……。

こどもたちは帰りの道では爆睡状態だったので、第三京浜ではシフトセレクターを“Sレンジ”にして、スポーティーな運転を楽しみながら帰宅しました。私のクルマ履歴は、セダン、セダン、ツーリングワゴン、SUVと乗り継いできて、SUVは視界がいいので運転しやすいと感じていて、今に至ります。次のクルマもSUVと思っていましたが、フォーカスに乗ってみて、5ドアハッチバックも選択の余地ありだなと思いました。そのワケは、走りの楽しさ、乗り心地の良さ、そして何よりも室内での家族の距離が縮まることでしょうか。フォーカスの魅力を知るとともに、クルマ選びについてあらためて考えさせられるいい機会になりました。フォーカスでもっと遠くに行ってみたい。そう思いながら家路につきました。

(webCG TEPPEI)

第16回:フォーカスの中心で愛をさけぶ? ひとりのドライブを盛り上げるオーディオ便利機能

第18回:ありがとうフォーカス 3カ月間で3800kmを後にして思ったこと

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「フォード・フォーカス日常劇場<PR>」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る