シボレー、最強のカマロZL1を披露【ニューヨークショー2016】

2016.03.17 自動車ニュース
ニューヨークショー2016でデビューする2017年型「シボレー・カマロZL1」。
ニューヨークショー2016でデビューする2017年型「シボレー・カマロZL1」。

【ニューヨークショー2016】シボレー、最強の「カマロZL1」を披露

米ゼネラルモーターズは2016年3月16日、2017年型「シボレー・カマロZL1」の概要を発表した。実車はニューヨーク国際オートショー(開催期間:2016年3月23日~4月3日)で公開される予定。

トランクリッド上にウイングスタイルのリアスポイラーが装着される。
トランクリッド上にウイングスタイルのリアスポイラーが装着される。
シートはレカロ製。ステアリングはフラットボトムタイプに。
シートはレカロ製。ステアリングはフラットボトムタイプに。
シボレー初の10段ATが設定される。
シボレー初の10段ATが設定される。

シボレー初の10段ATを搭載

カマロZL1は6.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジンを搭載するカマロのハイパワーモデル。最新型となる2017年型のパワーとトルクは648ps(477kW)と88.5kgm(868Nm)と発表されている。トランスミッションは6段MTのほか、シボレーブランド初の10段ATが設定される。

外観では、標準型より大きなエアインテークを持つフロントバンパーや、カーボン製のエアアウトレットを備えたエンジンフード、ウイングスタイルのリアスポイラーなどがZL1ならではの特徴。一方、室内にはレカロのフロントシートや、スエード張りのフラットボトム・ステアリングホイールなどが装着されている。

米国では2016年の後半に発売される予定。

(webCG)

→「シボレー・カマロZL1」の画像はこちら。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • 日産が「フェアレディZ」を一部改良 2017.7.7 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」を一部改良。エクステリアデザインの一部を変更したほか、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を採用した。走りに関しては、新開発のクラッチの採用により、MT車の運転時における負担を軽減している。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
  • 「トヨタ・エスクァイア」新デザインで登場 2017.7.3 自動車ニュース トヨタが5ナンバークラスの箱型ミニバン「エスクァイア」をマイナーチェンジ。フロントまわりの意匠を大幅に変更したほか、新グレードとして専用内装の最上級モデル「Gi“プレミアムパッケージ”」を設定した。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
ホームへ戻る