シボレー、最強のカマロZL1を披露【ニューヨークショー2016】

2016.03.17 自動車ニュース
ニューヨークショー2016でデビューする2017年型「シボレー・カマロZL1」。
ニューヨークショー2016でデビューする2017年型「シボレー・カマロZL1」。

【ニューヨークショー2016】シボレー、最強の「カマロZL1」を披露

米ゼネラルモーターズは2016年3月16日、2017年型「シボレー・カマロZL1」の概要を発表した。実車はニューヨーク国際オートショー(開催期間:2016年3月23日~4月3日)で公開される予定。

トランクリッド上にウイングスタイルのリアスポイラーが装着される。
トランクリッド上にウイングスタイルのリアスポイラーが装着される。
シートはレカロ製。ステアリングはフラットボトムタイプに。
シートはレカロ製。ステアリングはフラットボトムタイプに。
シボレー初の10段ATが設定される。
シボレー初の10段ATが設定される。

シボレー初の10段ATを搭載

カマロZL1は6.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジンを搭載するカマロのハイパワーモデル。最新型となる2017年型のパワーとトルクは648ps(477kW)と88.5kgm(868Nm)と発表されている。トランスミッションは6段MTのほか、シボレーブランド初の10段ATが設定される。

外観では、標準型より大きなエアインテークを持つフロントバンパーや、カーボン製のエアアウトレットを備えたエンジンフード、ウイングスタイルのリアスポイラーなどがZL1ならではの特徴。一方、室内にはレカロのフロントシートや、スエード張りのフラットボトム・ステアリングホイールなどが装着されている。

米国では2016年の後半に発売される予定。

(webCG)

→「シボレー・カマロZL1」の画像はこちら。

関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • 新型「シボレー・カマロ」の国内受注がスタート 2017.1.12 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年1月12日、同年後半に日本導入を予定している新型「シボレー・カマロ」の先行予約キャンペーンを発表するとともに、各モデルのキャンペーン限定価格を公表した。
  • 5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデル 2017.4.5 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に5台限定の特別仕様車「グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」が登場。量販モデルに初めて高性能モデルの「グランスポーツ」が設定されたときと同じく、ボディーカラーには「アドミラルブルー」が用いられている。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る