第1回:プジョー308 GTi by PEUGEOT SPORT

ドライバーを熱くする 2016.04.04 最新モデルが語る PEUGEOTの“今”<PR> プジョーが誇る伝統の“ホットハッチ”「GTi」シリーズに、モータースポーツの技術が注がれた「308 GTi by PEUGEOT SPORT」が登場。フランス車やスポーティーモデルに深い造詣を持ち、走りに一家言ある3人が、その出来栄えを語る。

【どんなクルマ?】
モータースポーツ部門が鍛えた伝統の“GTi”

プジョーは1984年発表の「205 GTi」以来、ハッチバックのスポーツモデルにこの“GTi”の3文字を使い続けている。似たような性格、似たような名前のクルマはほかにもあるけれど、元205 GTiオーナーとして思うのは、プジョーのGTiは“ホットハッチ”という言葉が世界一似合うクルマではないかということだ。

絶対的な速さも大切だけれど、それだけでは“ファストハッチ”になる。ホットハッチにはそれ以上に、感覚的な速さ、デザインやレスポンスやサウンド、ステアリングやシートやペダルを通して伝わってくるライブ感こそ大切だ。GTiが高い評価を受けている肝はそこにあると信じている。

今年2月、現行308に追加されたGTi by PEUGEOT SPORTも、その一員といえるけれど、注目したいのは車名の最後にPEUGEOT SPORT(プジョースポール)の称号が追加されたことだ。プジョー直属のモータースポーツ部門が手がけた渾身(こんしん)のホットハッチということになる。

「250」と「270」の2車種が用意されていることも興味深い。ちなみに数字は最高出力を示している。エンジンはどちらも1.6リッター直列4気筒ターボで、トランスミッションは3ペダルの6段マニュアル、ハンドル位置は左だ。
昔のスポーツモデルでは、チューニングの度合いによって最高出力が異なるエンジンを用意するのはよくあることだった。排出ガス規制が厳しくなり、電子制御が当たり前になった現在の量産車ではあまり見かけなくなったが、プジョーがそれを復活させてくれたことがうれしい。

PSAプジョー・シトロエンの新世代プラットフォーム「EMP2」が採用された現行型308は、圧倒的な軽量化を実現したことでも知られている。その美点は308 GTi by PEUGEOT SPORTも受け継いでいる。1320kgという車両重量は、ライバルより50kg以上軽いのだ。
ボディーはプジョースポール専用フロントグリル、サイドスカートなどで武装。インテリアは各所に赤いステッチをあしらい、専用ステアリングやアルミペダルなどをおごっている。全部で6色が用意されるボディーカラーには、リアドアのところで大胆な塗り分けを施した「クープ・フランシュ」と呼ばれるツートーン仕様も設定されている。

→「プジョー308 GTi by PEUGEOT SPORT」オフィシャルサイト

「GTi」とは1984年からプジョーが使い続けている、伝統的なスポーツグレードの呼称だ。
「GTi」とは1984年からプジョーが使い続けている、伝統的なスポーツグレードの呼称だ。
「308 GTi by PEUGEOT SPORT」には、エンジンの出力や足まわりの仕様の違いなどにより、2種類のモデルが存在する。写真は250ps仕様。
「308 GTi by PEUGEOT SPORT」には、エンジンの出力や足まわりの仕様の違いなどにより、2種類のモデルが存在する。写真は250ps仕様。
ボディーカラーは全6種類。赤と黒のツートンカラー「クープ・フランシュ」は、270ps仕様のみにオプションで用意される。
ボディーカラーは全6種類。赤と黒のツートンカラー「クープ・フランシュ」は、270ps仕様のみにオプションで用意される。
1.6リッター直噴ターボエンジンには、高出力化と耐久性の強化のため、アルミ素材の鍛造ピストンヘッドや耐高熱スチールエキゾーストマニホールド、熱処理を施したシリンダーブロックなどを採用している。
1.6リッター直噴ターボエンジンには、高出力化と耐久性の強化のため、アルミ素材の鍛造ピストンヘッドや耐高熱スチールエキゾーストマニホールド、熱処理を施したシリンダーブロックなどを採用している。
270ps仕様の足まわり。235/35R19サイズのタイヤと19インチアロイホイールが装備される。
270ps仕様の足まわり。235/35R19サイズのタイヤと19インチアロイホイールが装備される。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る