アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)

伝統は生きている 2016.03.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」に試乗。マイナーチェンジを受けて160psから180psにパワーアップした“ピッコロ・スコルピオーネ”の走りをワインディングロードで解放する!

より強力に、精悍に

アバルトはフィアット車のチューニングを得意とするチューナーとして、1949年にイタリアで設立された。71年にフィアットに買収されてからは、同社のモータースポーツ部門を任された。近ごろではフィアット車のグレード名として使われる程度にとどまるなど、有効活用されていない時期もあったが、2007年にフィアットが「500(チンクエチェント)」を復活させたのに合わせ、アバルトブランドの再構築にも着手。500や「グランデプント」のハイパワーバージョンにアバルトの名を冠して販売した。トレードマークはサソリ。創業者のカルロ・アバルトの誕生月の星座からきている。

現在のアバルトのラインナップはすべて500がベースで、チューニングの度合いに応じて5種類のモデルがある。今回マイナーチェンジした595コンペティツィオーネはチューニングの度合いも価格も上から2番目のモデル。マイチェンでは、エクステリアの変更点は最小限にとどまるものの、だれもが“595コンペティツィオーネのままなんだけれど、確実に何かが違う”と感じるような、ツボを押さえた変更が加えられた。

まず17インチホイールが新デザインに。コンパクトなクルマなので17インチでも十分に大きく見える。フロントホイールの隙間から見えるのは、新たに装着されたブレンボ製4ポッドブレーキキャリパーだ。見えないけれど、KONI製ショックアブソーバーも標準装備される。リアへ回ると、バンパー下から顔をのぞかせる4本のテールパイプが「俺を見てくれ!」と訴えかけてくる。レコードモンツァのエキゾーストシステムが装着されている。このほか、フロントグリル、ドアハンドル、ドアミラーなどが触るとざらついた感触のつや消しガンメタリックで塗装されていて、精悍(せいかん)な印象となった。

フロント左右にシートベルトのブランドとして有名なサベルト製の、ヘッドレスト一体型のレザー/アルカンターラ・バケットシートが備わる。バケットが深いのと、アルカンターラ素材が滑り止めとしても効果的で滑りにくい。そして見た目がカッコいい。ガンメタ推しはインテリアでも展開されていて、ダッシュボードパネルなどガンメタの加飾パネルが用いられる。触るとザラザラして気持ちいい。

マイナーチェンジを受けた「595コンペティツィオーネ」の目玉はエンジンのパワーアップ。フロントブレーキの強化も併せて実施された。発売日は2016年3月5日。
マイナーチェンジを受けた「595コンペティツィオーネ」の目玉はエンジンのパワーアップ。フロントブレーキの強化も併せて実施された。発売日は2016年3月5日。
タイヤサイズは従来と同じ205/40R17。新たに7ツインスポークデザインのアロイホイールが採用された。
タイヤサイズは従来と同じ205/40R17。新たに7ツインスポークデザインのアロイホイールが採用された。
「レコードモンツァ・デュアルモード・エキゾーストシステム」がリアビューをスポーティーに引き締める。
「レコードモンツァ・デュアルモード・エキゾーストシステム」がリアビューをスポーティーに引き締める。
サベルトのヘッドレスト一体型スポーツシートが装着された室内。ボディーカラーを「グリージョ・レコード」(グレーメタリック)にすると、レッドのシートが組み合わされる。
サベルトのヘッドレスト一体型スポーツシートが装着された室内。ボディーカラーを「グリージョ・レコード」(グレーメタリック)にすると、レッドのシートが組み合わされる。
今回のマイナーチェンジでボディー各所の外装パーツがつや消しのガンメタリック仕上げに改められ、見た目がぐっと引き締まった。
今回のマイナーチェンジでボディー各所の外装パーツがつや消しのガンメタリック仕上げに改められ、見た目がぐっと引き締まった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595コンペティツィオーネの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.1 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
    ……569万5000円(テスト車=同じ)

    「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る