ボルボS60/V60/V50にスポーティーな特別限定車

2011.11.10 自動車ニュース

ボルボ「S60」「V60」「V50」にスポーティーな特別限定車

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年11月9日、「S60/V60」にスポーティーな装備を追加した特別限定車「S60 Sports」「V60 Sports」を、同様に「V50」にも特別限定車「V50 Sports」を設定し、発売した。

■ダイナミックシャシーを採用「S60 Sports」「V60 Sports」

今回設定された「S60 Sports」「V60 Sports」は、いずれも1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する「S60」「V60」のエントリーグレード「DRIVe」をベースに、標準仕様のツーリングシャシーからダイナミックシャシーに変更したスポーティーな特別仕様車。「S60 Sports」が100台、「V60 Sports」は200台の限定販売となる。

エクステリアは、ベースモデルより2インチアップの18インチアルミホイール(タイヤサイズは235/40R18)でドレスアップされるほか、デュアルキセノンヘッドライトやマフラーカッター、トランクスポイラー(S60)、ダークティンテッドガラス(V60)などが装備される。
インテリアには、本革巻きのシルクメタルステアリングホイールやアルミニウムパネル、アルミニウムベゼル付きメーターパネルが採用されるほか、助手席の8ウェイパワーシートやHDDナビゲーションシステム、12セグ地上デジタルTVなどの快適装備も与えられる。

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」のみで、チャコール/ブラックのインテリアが組み合わされる。
価格は、「S60 Sports」が425万円、「V60 Sports」は445万円で、いずれもベースモデルより50万円高となる。

■充実装備の「V50 Sports」

一方、「V50」に設定された特別仕様車「V50 Sports」には、16インチアルミホイール、シルバーカラーのルーフレール、フォグランプ、デュアルキセノンヘッドランプが装備される。インテリアには、専用の「オフブラック T-Tec/テキスタイルシート」が採用され、本革巻きステアリングホイール&シフトノブやアルミニウムパネルも与えられる。

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」「パッションレッド」「アイスホワイト」の3色が用意され、順に40台、20台、40台の合計100台限定。価格は309万円となる。

(webCG ワタナベ)

「S60 Sports」(右下)と「V60 Sports」(左上)
ボルボS60/V60/V50にスポーティーな特別仕様車

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る