ボルボS60/V60/V50にスポーティーな特別限定車

2011.11.10 自動車ニュース

ボルボ「S60」「V60」「V50」にスポーティーな特別限定車

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年11月9日、「S60/V60」にスポーティーな装備を追加した特別限定車「S60 Sports」「V60 Sports」を、同様に「V50」にも特別限定車「V50 Sports」を設定し、発売した。

■ダイナミックシャシーを採用「S60 Sports」「V60 Sports」

今回設定された「S60 Sports」「V60 Sports」は、いずれも1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する「S60」「V60」のエントリーグレード「DRIVe」をベースに、標準仕様のツーリングシャシーからダイナミックシャシーに変更したスポーティーな特別仕様車。「S60 Sports」が100台、「V60 Sports」は200台の限定販売となる。

エクステリアは、ベースモデルより2インチアップの18インチアルミホイール(タイヤサイズは235/40R18)でドレスアップされるほか、デュアルキセノンヘッドライトやマフラーカッター、トランクスポイラー(S60)、ダークティンテッドガラス(V60)などが装備される。
インテリアには、本革巻きのシルクメタルステアリングホイールやアルミニウムパネル、アルミニウムベゼル付きメーターパネルが採用されるほか、助手席の8ウェイパワーシートやHDDナビゲーションシステム、12セグ地上デジタルTVなどの快適装備も与えられる。

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」のみで、チャコール/ブラックのインテリアが組み合わされる。
価格は、「S60 Sports」が425万円、「V60 Sports」は445万円で、いずれもベースモデルより50万円高となる。

■充実装備の「V50 Sports」

一方、「V50」に設定された特別仕様車「V50 Sports」には、16インチアルミホイール、シルバーカラーのルーフレール、フォグランプ、デュアルキセノンヘッドランプが装備される。インテリアには、専用の「オフブラック T-Tec/テキスタイルシート」が採用され、本革巻きステアリングホイール&シフトノブやアルミニウムパネルも与えられる。

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」「パッションレッド」「アイスホワイト」の3色が用意され、順に40台、20台、40台の合計100台限定。価格は309万円となる。

(webCG ワタナベ)

「S60 Sports」(右下)と「V60 Sports」(左上)
「S60 Sports」(右下)と「V60 Sports」(左上) 拡大

関連キーワード:
V50V60S60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ジュネーブモーターショー2018(その8) 2018.3.9 画像・写真 ボルボはジュネーブモーターショー2018で、新型「V60」を一般公開した。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.2 試乗記 世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定車「V90クロスカントリー オーシャンレースエディション」に試乗。日本には15台のみが導入される“レア”なモデルは、悠然とした身のこなしを見せるプレミアムな一台に仕上がっていた。
  • 「ボルボV40クロスカントリー」の限定車発売 2018.5.10 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年5月10日、「V40クロスカントリー」に特別仕様車「Aktiv Edition(アクティブエディション)」を設定し、150台の台数限定で発売した。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る