ボルボS60/V60/V50にスポーティーな特別限定車

2011.11.10 自動車ニュース

ボルボ「S60」「V60」「V50」にスポーティーな特別限定車

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年11月9日、「S60/V60」にスポーティーな装備を追加した特別限定車「S60 Sports」「V60 Sports」を、同様に「V50」にも特別限定車「V50 Sports」を設定し、発売した。

■ダイナミックシャシーを採用「S60 Sports」「V60 Sports」

今回設定された「S60 Sports」「V60 Sports」は、いずれも1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する「S60」「V60」のエントリーグレード「DRIVe」をベースに、標準仕様のツーリングシャシーからダイナミックシャシーに変更したスポーティーな特別仕様車。「S60 Sports」が100台、「V60 Sports」は200台の限定販売となる。

エクステリアは、ベースモデルより2インチアップの18インチアルミホイール(タイヤサイズは235/40R18)でドレスアップされるほか、デュアルキセノンヘッドライトやマフラーカッター、トランクスポイラー(S60)、ダークティンテッドガラス(V60)などが装備される。
インテリアには、本革巻きのシルクメタルステアリングホイールやアルミニウムパネル、アルミニウムベゼル付きメーターパネルが採用されるほか、助手席の8ウェイパワーシートやHDDナビゲーションシステム、12セグ地上デジタルTVなどの快適装備も与えられる。

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」のみで、チャコール/ブラックのインテリアが組み合わされる。
価格は、「S60 Sports」が425万円、「V60 Sports」は445万円で、いずれもベースモデルより50万円高となる。

■充実装備の「V50 Sports」

一方、「V50」に設定された特別仕様車「V50 Sports」には、16インチアルミホイール、シルバーカラーのルーフレール、フォグランプ、デュアルキセノンヘッドランプが装備される。インテリアには、専用の「オフブラック T-Tec/テキスタイルシート」が採用され、本革巻きステアリングホイール&シフトノブやアルミニウムパネルも与えられる。

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」「パッションレッド」「アイスホワイト」の3色が用意され、順に40台、20台、40台の合計100台限定。価格は309万円となる。

(webCG ワタナベ)

「S60 Sports」(右下)と「V60 Sports」(左上)
「S60 Sports」(右下)と「V60 Sports」(左上)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る