ボルボS60/V60/V50にスポーティーな特別限定車

2011.11.10 自動車ニュース

ボルボ「S60」「V60」「V50」にスポーティーな特別限定車

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年11月9日、「S60/V60」にスポーティーな装備を追加した特別限定車「S60 Sports」「V60 Sports」を、同様に「V50」にも特別限定車「V50 Sports」を設定し、発売した。

■ダイナミックシャシーを採用「S60 Sports」「V60 Sports」

今回設定された「S60 Sports」「V60 Sports」は、いずれも1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する「S60」「V60」のエントリーグレード「DRIVe」をベースに、標準仕様のツーリングシャシーからダイナミックシャシーに変更したスポーティーな特別仕様車。「S60 Sports」が100台、「V60 Sports」は200台の限定販売となる。

エクステリアは、ベースモデルより2インチアップの18インチアルミホイール(タイヤサイズは235/40R18)でドレスアップされるほか、デュアルキセノンヘッドライトやマフラーカッター、トランクスポイラー(S60)、ダークティンテッドガラス(V60)などが装備される。
インテリアには、本革巻きのシルクメタルステアリングホイールやアルミニウムパネル、アルミニウムベゼル付きメーターパネルが採用されるほか、助手席の8ウェイパワーシートやHDDナビゲーションシステム、12セグ地上デジタルTVなどの快適装備も与えられる。

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」のみで、チャコール/ブラックのインテリアが組み合わされる。
価格は、「S60 Sports」が425万円、「V60 Sports」は445万円で、いずれもベースモデルより50万円高となる。

■充実装備の「V50 Sports」

一方、「V50」に設定された特別仕様車「V50 Sports」には、16インチアルミホイール、シルバーカラーのルーフレール、フォグランプ、デュアルキセノンヘッドランプが装備される。インテリアには、専用の「オフブラック T-Tec/テキスタイルシート」が採用され、本革巻きステアリングホイール&シフトノブやアルミニウムパネルも与えられる。

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」「パッションレッド」「アイスホワイト」の3色が用意され、順に40台、20台、40台の合計100台限定。価格は309万円となる。

(webCG ワタナベ)

「S60 Sports」(右下)と「V60 Sports」(左上)
「S60 Sports」(右下)と「V60 Sports」(左上)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE 2015.8.3 特集 ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】NEW 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る