フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)

これぞSUVのお手本 2016.03.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。

トップにしてラストのモデル

2016年1月末にフォードの日本撤退が発表されてから、それ以降のフォードの新車投入計画はすべて白紙となった。というわけで、2015年末に発表されたこのクルマが、日本におけるフォード正規モデル最後のニューモデルということになる。ああ、なんもいえねえ(泣)。

それはともかく、この3.5リッターV6直噴ターボ(フォード流にいうと「エコブースト」)を積んだエクスプローラー タイタニアムは、先代にあった4.6リッターV8に相当する最上級エクスプローラーということになる。

エクスプローラーがエンジンを横置きするFFレイアウトを採って、パワートレイン構成を、先代のV8とV6からV6と直4にダウンシフトした背景には、リーマンショック真っただ中の開発時期も無関係ではないだろう。

そんな現行エクスプローラーの車体に、米本国ではじめて3.5エコブーストが搭載されたのは2013年のことだ。標準のエクスプローラーとは一線を画す「エクスプローラー スポーツ」という武闘派モデルに搭載された。そして、先ごろのビッグマイナーチェンジで、そのスポーツが正式にエクスプローラーシリーズに組み込まれると同時に、もう1台、同じエンジンを積む最上級ラグジュアリーグレードを設定した。それがこのタイタニアムである。

ちなみに、タイタニアムという名は、国際的にはフォード乗用車に共通する最上級グレードと位置づけられるが、米本国のSUVだけは例外。北米のエクスプローラーでは、同じモデルに「プラチナム」というグレード名が与えられている。クルマそのものの内容はタイタニアムもプラチナムも基本的に同じだ。

日本では2011年5月にデビューした、4代目「フォード・エクスプローラー」。現在販売されているのは、マイナーチェンジを経た後期型である。今回は、2016年3月に発売された、その最上級モデル「タイタニアム」をテストした。
日本では2011年5月にデビューした、4代目「フォード・エクスプローラー」。現在販売されているのは、マイナーチェンジを経た後期型である。今回は、2016年3月に発売された、その最上級モデル「タイタニアム」をテストした。
「歴代フォードで最も高品質なインテリアを目指して作りこんだ」とアピールされる、「エクスプローラー タイタニアム」のインテリア。上質なレザーやウッドがおごられる。
「歴代フォードで最も高品質なインテリアを目指して作りこんだ」とアピールされる、「エクスプローラー タイタニアム」のインテリア。上質なレザーやウッドがおごられる。
「エクスプローラー タイタニアム」には、「デュアルパネルサンルーフ」が備わる。フロント側(写真左側)は電動開閉式。
「エクスプローラー タイタニアム」には、「デュアルパネルサンルーフ」が備わる。フロント側(写真左側)は電動開閉式。
マイナーチェンジでデザインが大きく変わった「エクスプローラー」のフロント周り。「タイタニアム」には、メッシュタイプの専用グリルが装着される。
マイナーチェンジでデザインが大きく変わった「エクスプローラー」のフロント周り。「タイタニアム」には、メッシュタイプの専用グリルが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る