ボルボS60 T3 SE(FF/6AT)/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)

軽さが身上 2016.03.23 試乗記 ボルボの60シリーズに新しいDrive-E(ドライブ・イー)エンジンが2機種搭載された。1.5リッター直4ターボユニットを積む「S60 T3 SE」と、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーの「XC60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗し、その実力を確かめた。

T3といっても4気筒

ボルボはこれまでの実績に甘んずることなく、今後を見据えてすべての分野で大胆な刷新を図りつつある。エンジンは今後4気筒以下、2リッター以下のものを自社開発していく方針で、ガソリンユニットだけでなくディーゼルや電気モーター駆動もその計画の中に含まれる。今のところ発表されているのは、「T3」/1.5リッター直噴ガソリンターボ(152ps)、「D4」/2リッターディーゼル(190ps)、「T5」/2リッター直噴ガソリンターボ(245ps)、「T6」/2リッター直噴ガソリンターボ+スーパーチャージャー(306ps)、という4種類のエンジンである。

T3といっても、3気筒ではなく4気筒なのも魅力のひとつ。最近の技術では3気筒でも滑らかに回るし、パワーも十分なレベルにチューンされている例は多い。しかし、高度な技術をもって成し遂げられたものとはいえ、その目標が静粛性を4気筒並みにすることだとしたら、最初から4気筒のまま軽量化して、パワーやトルク特性、レスポンス、燃料経済性、そして製造上の効率を上げる手だてもまだ残っているはずである。われわれシニア世代としては、排気量に対する憧憬(しょうけい)がある一方で、まだまだ気筒数に対する価値観も捨てがたいのだ。

もっとも、排気量については近年の傾向として、小さくして効率を上げる手法が評価されて、パワーやトルクの絶対値を確保してエンジンの特性さえ納得できれば、何ccであっても無関心でいられるようになってしまった。現状では車名の数字からは排気量を判断できない例も多くなってきている。また、税金区分を考慮すると、1.5リッターと1.6リッターでは自動車税の年税額に5000円の違いがある。1.5リッターであることは、ユーザーにとってもありがたい設定といえる。

ちなみに1.5リッターは、2リッターユニットのストロークを93.2mmから70.9mmに短縮することで得ており、82.0mmのボア自体は同じだ。よって、ショートストローク特有の、長いコンロッドによるピストン首振り角の減少などにより、1.5リッターユニットには滑らかでシャープな吹け上がりが期待できる。また、2リッター用の「過剰品質」の部分が、耐久性や回り方のクオリティーを高める面もあるだろう。両者はボアピッチが同じなのでエンジン外寸も一見して変わらない。だから個人的には、2リッター版よりもコチラの1.5リッターの方に大いなる興味をもっている。

「S60/V60」に新たに加わった1.5リッター直4ターボエンジン搭載車「T3」。試乗車は「S60 T3 SE」で、車両価格は434万円。
「S60/V60」に新たに加わった1.5リッター直4ターボエンジン搭載車「T3」。試乗車は「S60 T3 SE」で、車両価格は434万円。
1.5リッター直4ターボユニットは152psと25.5kgmを発生する。JC08モード燃費は16.5km/リッター。
1.5リッター直4ターボユニットは152psと25.5kgmを発生する。JC08モード燃費は16.5km/リッター。
「S60 T3 SE」にはエンジンスタート/ストップ機能やECO+モード(省燃費走行モード)などが標準で備わる。なお、T3 SEの導入に伴い、従来の「T4 SE」と「T4 R-DESIGN」は廃止された。
「S60 T3 SE」にはエンジンスタート/ストップ機能やECO+モード(省燃費走行モード)などが標準で備わる。なお、T3 SEの導入に伴い、従来の「T4 SE」と「T4 R-DESIGN」は廃止された。
1.5リッター直4ターボユニットには、新開発の6段ATが組み合わされる。
1.5リッター直4ターボユニットには、新開発の6段ATが組み合わされる。
「S60 T3 SE」のホイールサイズは17インチ。オプションで18インチも選択可能。
「S60 T3 SE」のホイールサイズは17インチ。オプションで18インチも選択可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る