レクサスGS F(FR/8AT)

サーキットが本籍 2016.03.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。

高性能の“日常領域”をチェック

プレスリリースによれば、レクサスGS Fは「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」クルマであるという。オプション込みで1200万円という価格もさることながら、340km/hまで刻まれた速度計をみても、サーキット走行などを想定した、破格の高性能車であることがうかがわれる。自然吸気の5リッターV8エンジンは477psと54.0kgmを発生し、トランスミッションは8段ATというスペックからも、タダの4ドアセダンではないことが想像できる。

あいにく筆者はそうした高速性能をチェックできる立場にはないので、ここでは公道上の法定速度内での印象に限り、この手の高性能車に求められる、高度な直進性や乗り心地についてチェックしてみた。写真や数値から判断できることは、読者ご自身の感想の方が確かだと思われる。

運転席に座った印象は、シートのサイズ感やホールド性もまずまずで、想定されるユーザー層にこびて、肥満気味の体形に合わされていないところがイイ。メーターに目をやれば、340km/hまで詰め込まれた速度計の目盛りは数字が小さくて読みにくい。高速になればメーターを見る時間は限られるから、しっかり確認するためには時間がかかりすぎてしまい危ないのでは? このメーターでは、速く流れる外の景色からパッと視線を移して瞬時に読み取るのは大変だ。水温や油温などのメーターも同様に表示が小さい。

最近はパソコンとか電子機器系の表示もことさら小さな文字を多用するのが流行らしいが、逆にやや大きめにしたほうがこのクルマの目的にはかなうと思う。もしくはハイテクを誇示するなら、表示をまったくなくしてしまって警告ランプのみにしてしまうのも、ドライバーの判断に頼らないというメーカーの自信を示すやり方かもしれない。

2015年11月に発売された「GS F」。「F」レターを掲げるレクサスのセダンとしては、「IS F」(2007年発売)以来8年ぶりの登場となる。車両価格は1100万円。
2015年11月に発売された「GS F」。「F」レターを掲げるレクサスのセダンとしては、「IS F」(2007年発売)以来8年ぶりの登場となる。車両価格は1100万円。
メーターフードやインストゥルメントパネル上部、センターコンソールなどの表皮にアルカンターラを採用し、プレミアムスポーツとしての質感を表現している。
メーターフードやインストゥルメントパネル上部、センターコンソールなどの表皮にアルカンターラを採用し、プレミアムスポーツとしての質感を表現している。
5リッターV8自然吸気ユニットは477psと54.0kgmを発生する。JC08モード燃費は8.2km/リッター。
5リッターV8自然吸気ユニットは477psと54.0kgmを発生する。JC08モード燃費は8.2km/リッター。
随所に装着された空力パーツとダーク塗装がただならぬ迫力を醸し出す。
随所に装着された空力パーツとダーク塗装がただならぬ迫力を醸し出す。
関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.24 試乗記 5リッターV8エンジンを搭載する、レクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に、サーキットと一般道で試乗。開発陣が「これまでの“F”モデルで培ってきた、全ての技術と知見を注ぎ込んだ」と自信を見せる、走りの質を確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサスIS F“ダイナミックスポーツチューニング”(FR/8AT)【試乗記】 2014.1.29 試乗記 「レクサスIS F」に特別仕様車「ダイナミックスポーツチューニング」が登場。動力性能に磨きをかけた、特別な「IS F」の実力を試す。
  • レクサスIS250 Fスポーツ(FR/6AT)/レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】 2011.1.12 試乗記 レクサスIS250 Fスポーツ(FR/6AT)/レクサスIS F(FR/8AT)
    ……502万5000円/832万3150円

    控え目を旨とするレクサスの個性は、いまひとつ伝わりにくい。けれども、「レクサスIS」シリーズのスポーティ仕様2台は、このブランドの個性を明確に伝えてくれた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る