テスラが次世代EV、モデル3の予約受注を開始

2016.03.22 自動車ニュース

テスラが次世代EV「モデル3」の予約受け付けを開始

テスラモーターズは2016年3月21日、新型電気自動車「モデル3」の予約受け付けを同年3月31日にグローバルで開始すると発表した。日本での受け付け開始は、時差の都合により米国より早い同日午前10時となっている。

モデル3は「テスラロードスター」「モデルS」、SUVタイプの「モデルX」に続くテスラにとって4番目のモデルとなる。発表は2016年3月31日午後8時30分(日本時間4月1日午後0時30分)を予定。現時点では外観デザインや詳細なスペック、仕様などについては明らかにされていないが、価格はモデルSやモデルXより安い、3万5000ドルと発表されている。

生産開始は2017年終盤を予定しており、各国の法規への対応を進めながら、米国や欧州、アジア太平洋地域、日本を含む右ハンドル市場での納車を順次開始する。

なお、予約には15万円の予約金が必要で、予約番号についてはテスラ車の現オーナーが優先される。

(webCG)
 

写真左から、「テスラ・モデルS」「モデルX」「モデル3」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。