第442回:イタリアのスバル販売店訪問!
これはクルマ界の「名曲喫茶」だ

2016.03.25 エッセイ

80歳の現役スバル販売店長 

ボクが住む街シエナには、スバルの販売店がある。県内唯一のスバルディーラーだ。気がつけば、この街に20年近くも住んでいながら訪れたことがなかった。なぜなら、スバルの最新モデルには東京モーターショーなどの取材で接することができるからである。足が遠のく理由は、もうひとつあった。他ブランドのセールスマンたちが、そのスバル販売店オーナーを畏れているのである。

どんなオーナーなのか、逆に気になってきたボクは、いてもたってもいられなくなり、勇気をもって訪ねてみることにした。

「アウトサローネ・モンテカルロ」というそのスバル専売店は、旧市街から少し出た街路沿いにある。ガソリンスタンドと薬局にはさまれた古い6階立てアパートの1階だ。外には3台分の中古車展示スペースが設けられている。クルマの間をすり抜けて、「ボンジョルノ」とボクがドアを開けると、奥からひとりの白髪の紳士がやってきた。

彼こそオーナーであった。

来訪の意を告げると、「こちらでお話ししましょう」と、中2階状になった奥の事務所兼商談コーナーに案内された。オーナーで社長のニコロ・マージさんは1936年生まれ。日本でいえば昭和11年だ。なんと80歳の現役である。これは他店の若手セールスたちから畏れられるわけである。

ボクの気配を察したのだろう、マージさんの愛犬が昼寝から覚めて動き出した。イタリアでは自動車販売店オーナーのペットがショールーム内をうろうろしているのは珍しくないことだ。なじみ客の中には、彼らと会うのを楽しみにしている人もいる。よいアイキャッチなのである。

マージさんの店の年間販売台数は約60台。目下の最多販売車種は「フォレスター」という。

ショールームは200平方メートル。4台の展示車がぴっちりと収まっている。いっぽう車両販売とともに店の収入を支えるサービス工場は、少し離れたところにあって、こちらは1000平方メートル。その日はすでに夜だったのでマージさん社長ひとりだったが、他に2人の息子さん、夫人そして2名の従業員も彼を手伝っている。

いまイタリアで人気の車種、「フォレスター」が迎えてくれた。イタリア・シエナのスバル販売店「アウトサローネ・モンテカルロ」。
夜のショールームは、こんな感じ。外に3台のユーズドカーが展示されている。
ショールームの面積は200平方メートル。新車4台が並ぶ。
80歳の現役スバル販売店オーナー、ニコロ・マージさんと愛犬。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。