プジョー308GTi 270 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)

どうせ買うなら“最強”を 2016.03.28 試乗記 プジョーのモータースポーツ活動を担う「プジョースポール」が手がけた高性能スポーツモデル「308GTi 270 by PEUGEOT SPORT」に試乗。270psのハイチューンエンジンと、「ゼロから見直された」という足まわりが織り成す走りに触れた。

見た目からして違う

ルマン24時間レースに代表される世界耐久選手権からは2011年を最後に手を引き、ラリーやツーリングカーレースの世界でも同じPSAグループに属するシトロエンの方が活躍しているイメージが強い。そう、残念ながら“プジョーのモータースポーツ活動”は昨今、少しばかり影が薄くなった印象が否めない。
しかし歴史をひもといてみれば、このブランドは世界的な数々のコンペティションの場で輝かしい戦績を残してきた、モータースポーツ界の名門であることも疑いない。

そうした“戦うプジョー”を一手に支えてきたのが、同社のモータースポーツ部門である「プジョースポール」である。そして、本家の存在を忘れるべからず……という勢いでこの組織が手がけた硬派な最新ロードモデルが、その名も勇ましく「by PEUGEOT SPORT(バイ プジョースポール)」なるフレーズが与えられた308シリーズのホッテストバージョン、308GTi 270 by PEUGEOT SPORTだ。

このグレードのみに用意される、レッドとブラックで前後を塗り分ける(!)大胆不敵でエキセントリックな「クープ・フランシュ」なる特別塗装色は別としても、このモデルが「特別にスポーティーな308」であることは、まずはその足元から見てとれる。
シューズは19インチと、これまでの308には存在しない大径のアイテム。フロントホイールのスポークの間からは、こちらもこれまで目にしたことのない大きなブレーキディスクが姿をのぞかせる。さらには、前後左右に専用デザインのボディーキットが与えられ……となれば、お次は「一体どんな心臓が搭載されているのか?」と、そちらに興味の焦点がいくのは当然というものだ。

「308GTi 270 by PEUGEOT SPORT」のインストゥルメントパネルまわり。270ps仕様、250ps仕様を問わず、「308GTi by PEUGEOT SPORT」は左ハンドル仕様のみの設定となる。


	「308GTi 270 by PEUGEOT SPORT」のインストゥルメントパネルまわり。270ps仕様、250ps仕様を問わず、「308GTi by PEUGEOT SPORT」は左ハンドル仕様のみの設定となる。
ステアリングホイールに施された「GTi」のロゴ。GTiとは、1984年にデビューした「205GTi」から使われている、プジョー伝統のスポーツモデルの名称だ。
ステアリングホイールに施された「GTi」のロゴ。GTiとは、1984年にデビューした「205GTi」から使われている、プジョー伝統のスポーツモデルの名称だ。
「308GTi 270 by PEUGEOT SPORT」にはサイドサポートが張り出したバケットシートが装備される。
「308GTi 270 by PEUGEOT SPORT」にはサイドサポートが張り出したバケットシートが装備される。
赤と黒で車体を塗り分けるツートンカラーの「クープ・フランシュ」。「308GTi by PEUGEOT SPORT」の中でも270ps仕様だけに用意される特別色である。
赤と黒で車体を塗り分けるツートンカラーの「クープ・フランシュ」。「308GTi by PEUGEOT SPORT」の中でも270ps仕様だけに用意される特別色である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る