電動ハードトップのマツダ・ロードスター登場

2016.03.23 自動車ニュース
「マツダMX-5 RF(日本名:マツダ・ロードスターRF)」
「マツダMX-5 RF(日本名:マツダ・ロードスターRF)」 拡大

電動格納式ハードトップを持つ「マツダ・ロードスター」登場

マツダは2016年3月22日(現地時間)、米国ニューヨークにおいて、「MX-5 RF(日本名:ロードスターRF)」を世界初公開した。

「MX-5 RF」は、ソフトトップに代えて、電動格納式のハードトップが与えられたロードスター。「RF」という車名は「リトラクタブル・ファストバック」の略で、先代の「ロードスターRHT」が目指した価値を引き継ぐモデルとされている。

ただしRFの場合は、ルーフからリアエンドまでなだらかに傾斜するルーフラインを持つファストバックスタイルが特徴。ルーフ部分の全ては収納されず、キャビン後方のピラー部分はそのまま残る。オープン時は、乗員の頭上を覆うルーフとバックウィンドウのみ、シートバックスペースに格納される。

電動ルーフは、10km/h以下であれば、走行中でも開閉可能。荷室は、ルーフ収納時でもソフトトップモデルと変わらない130リッターが確保されている。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3915×1735×1245mmで、ホイールベースは2310mm。

パワートレインは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と「SKYACTIV-G 2.0」の2本立て。販売する地域によりラインナップは異なり、今回発表の場となった北米市場には後者が投入される。

(webCG)

→「マツダMX-5 RF」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ロードスターRFマツダニューヨークモーターショー2016自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.18 試乗記 電動パワートレインを搭載した、“シューティングブレーク”スタイルの高性能ツアラー「ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。ラインナップ拡充と電動化を推し進める今日のポルシェを象徴するかのような一台に、リポーターは何を感じたか?
  • トヨタ・カローラ スポーツG/カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”【試乗記】 2018.7.16 試乗記 「トヨタ・オーリス」がフルモデルチェンジを受け、日本では新型車「カローラ スポーツ」としてデビュー。最新の“つながる機能”を備えた、トヨタが世界で勝負するグローバルモデルの出来栄えは? 千葉の一般道で1.2リッターターボ車とハイブリッド車をテストした。
ホームへ戻る