電動ハードトップのマツダ・ロードスター登場

2016.03.23 自動車ニュース
「マツダMX-5 RF(日本名:マツダ・ロードスターRF)」
「マツダMX-5 RF(日本名:マツダ・ロードスターRF)」

電動格納式ハードトップを持つ「マツダ・ロードスター」登場

マツダは2016年3月22日(現地時間)、米国ニューヨークにおいて、「MX-5 RF(日本名:ロードスターRF)」を世界初公開した。

 
電動ハードトップのマツダ・ロードスター登場の画像
 
電動ハードトップのマツダ・ロードスター登場の画像
 
電動ハードトップのマツダ・ロードスター登場の画像
 
電動ハードトップのマツダ・ロードスター登場の画像

「MX-5 RF」は、ソフトトップに代えて、電動格納式のハードトップが与えられたロードスター。「RF」という車名は「リトラクタブル・ファストバック」の略で、先代の「ロードスターRHT」が目指した価値を引き継ぐモデルとされている。

ただしRFの場合は、ルーフからリアエンドまでなだらかに傾斜するルーフラインを持つファストバックスタイルが特徴。ルーフ部分の全ては収納されず、キャビン後方のピラー部分はそのまま残る。オープン時は、乗員の頭上を覆うルーフとバックウィンドウのみ、シートバックスペースに格納される。

電動ルーフは、10km/h以下であれば、走行中でも開閉可能。荷室は、ルーフ収納時でもソフトトップモデルと変わらない130リッターが確保されている。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3915×1735×1245mmで、ホイールベースは2310mm。

パワートレインは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と「SKYACTIV-G 2.0」の2本立て。販売する地域によりラインナップは異なり、今回発表の場となった北米市場には後者が投入される。

(webCG)

→「マツダMX-5 RF」のフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターRFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る