ホンダ、アキュラMDXの最新バージョンを出展【ニューヨークショー2016】

2016.03.24 自動車ニュース
「アキュラMDX」
「アキュラMDX」

【ニューヨークショー2016】ホンダ、高級SUV「アキュラMDX」の最新型を出展

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年3月23日(現地時間)、ニューヨーク国際オートショー(会期:2016年3月23日~4月3日)に、マイナーチェンジしたアキュラのラグジュアリーSUV「MDX」や、新型「シビック ハッチバック」のプロトタイプモデルを出展した。

「MDX」のリアビュー。
「MDX」のリアビュー。
「MDX」のインテリア。
「MDX」のインテリア。
「ホンダ・シビック ハッチバック」のコンセプトモデル。
「ホンダ・シビック ハッチバック」のコンセプトモデル。
「アキュラNSX GT3」
「アキュラNSX GT3」

アキュラMDXは3列シートのラグジュアリーSUV。従来のパワートレインは、3.5リッターV6直噴SOHC i-VTECエンジン+9段ATだったが、今回新たに、3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載するモデルも選べるようになった。これは、3リッターV6 DOHCエンジンと7段DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせるもので、ガソリンモデルを35hp上回る325hpの最高出力を発生する。

エクステリアは、2016年1月に北米国際自動車ショーで初公開されたコンセプトモデル「アキュラ・プレシジョン コンセプト」のデザインを採用。特徴的な「ダイアモンドペンタゴングリル」やシャープなフロントフェイスなど、ラグジュアリーSUVらしい洗練されたデザインとされた。また、アキュラ車として初めて、全てのグレードが安全運転支援システム「アキュラ ウォッチ」を標準装備する。

北米では、ガソリンモデルは2016年夏に、SPORT HYBRID SH-AWD搭載モデルは2016年後半に発売される予定。生産は現行モデルと同様にアメリカのアラバマ工場で行われ、2017年初頭からは、オハイオ州のイーストリバティ工場でも始められる。

このほかアキュラブースでは、北米レース用に開発された新型「NSX」のGT3レースカーも出展された。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)【試乗記】 2012.3.5 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)
    ……352万円

    燃費、快適性、機能性、そして走破性の改善と、全方位の進化がうたわれる新型「CR-V」。その日常性能を試すために、上級の「24G」グレードで箱根を目指した。
  • ホンダCR-V 20G(FF/CVT)【試乗記】 2012.2.15 試乗記 ホンダCR-V 20G(FF/CVT)
    ……283万円

    4代目に進化したホンダのSUV「CR-V」に試乗。その乗り心地や使い勝手を、ベーシックな2リッターモデルでチェックした。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る